顔の輪郭の症例写真

あごエラ出っ歯・受け口・反対咬合

治療前の写真です。
側面で見るとアゴのボリュームが足りないのがよく分かります。

アゴにヒアルロン酸を注入しました。
アゴが少し前に出たことによって輪郭が立体的となり、より好ましい側面となっています。(上下口唇にもヒアルロン酸を注入しています)


下顎骨水平骨切り術によって後退している下顎を前方に移動させています。この手術では下顎骨に付随している筋肉も前方に移動しますのでアゴの下の部分も脂肪吸引をしたかのようにすっきりします。特に横顔が改善します。

この方も下顎水平骨切り術を行っています。1センチ以上の全歩移動が可能ですので、横顔では理想的なエステティックラインが得られています。アゴの下の部分もすっきりしています。プロテーゼではここまでは改善しません。


エラボトックス治療前の正面 。

治療後1ヶ月。はっきりと変化が分かります。

エラボトックス治療前の斜め 。

治療後1ヶ月。すっきりしましたが、正面ほどは変化が分かりません。


エラの骨切りの方です。極端に変化した印象ではなく「痩せましたね」という感じでとても自然な仕上がりです。すべて口の中から行いますので傷の心配もありません。右側の写真は手術後3ヶ月ですが、腫れが完全に引くまでには1ヶ月はかかります。



エラの骨切りの方です。右側は手術後1ヶ月の写真ですが、明らかに改善しているのが分かります。しかし、まだエラの辺りがふっくらしている印象があります。これは咬筋というエラ周囲の筋肉のボリュームです。骨切りだけではこの筋肉は無くなりませんので、ボトックス注射を追加するといっそう効果的です。



治療前の正面です。
顔の横径が目立ちます。
下顎角骨の発達はそれほどではなく、咬筋の発達が目立つ患者様です。

ボトックス注射1ヶ月後です。
エラを中心にスッキリしました。
顔の横径もかなり改善しています、
「何キロも痩せた」という印象です。。

治療前の左斜めです。
下顎角(エラ)のあたり全体がふっくらとしています。

治療後1ヶ月です。
骨を削らずに明らかなボリュームダウンが見られます。


左:治療前の写真です。頬の脂肪が多く膨らんでおり、エラ(骨、咬筋とも)も張っているために顔が大きく見えています。
右:エラ(咬筋)へのボトックス注射と頬全体への脂肪分解注射(リポスタビル1本を3回注射後)の治療後の写真です。エラの骨切りを行わなくてもここまで顔の横幅が改善できています。頬骨付近のボリュームも脂肪分解注射でかなりスッキリとしました。患者様も大満足です。

上顎前突の方です。いわゆる「出っ歯」の状態です。東洋人には多いタイプです。普通にしていても歯が見えてしまいます。上顎分節骨切り術(セットバック)を行い、上顎骨を歯が付いたまま骨切りを行い理想的な位置に移動させて固定します。この方の場合は上顎の移動に合わせて下顎分節骨切り術を追加して、バランスを整えています。上品な口元が得られています。プチ整形ではこのような素晴らしい仕上がりは期待できません。隆鼻(ヒアルロン酸注入)と二重の拡大(埋没法)、目頭切開も行っています。

上下顎分節骨切り術を行った方の斜め右からの写真です。口元が引っ込み、理想的なエステティックラインが得られています。普通にしていても歯が見えなくなりました。上品な顔立ちになりました。

いわゆる「受け口」の方です。下顎が前方に突出していますので、下顎分節骨切り術を行い劇的に改善しています。下顎が前方に突出していた状態が引っ込んで理想的な口元が得られています。