鼻・唇・耳・へそ ~ 立ち耳 ~

目立つ耳を寝かせ、大きく見える耳をバランスよくします。

通常、耳は頭に対して約30度の角度でついています。

それ以上の角度でついている耳は、向かい合う人から耳がよく見えるようになっています。そのよう耳を、立ち耳と呼んでいます。欧米では立ち耳を「サタンの耳」と言って嫌う傾向があり、かなり早くから立ち耳の修正手術が盛んに行われています。

立ち耳の原因は、耳介部の軟骨が発達しきれていないことです。通常はこの軟骨が、耳を頭の方に適度に寝かせる働きをしますが、ここが十分発達していない場合、逆に前に押し出してしまうのです。対輪がない、あるいは発育不全が主な原因なので、耳の後ろから軟骨に割を入れ、対輪を形成する手術になります。

治療のポイント

固定させる角度がポイントです

耳の後ろ側を切開して、耳を前に押し出している軟骨を露出させ、適当な角度に固定します。

施術の流れ

1.カウンセリング

経験豊富な医師により、充分なカウンセリングを行います。
このときあなたの希望の耳の状態・ラインを伺いながらシュミレーションを行い、 あなたにとって最適なプランを決めていきます。

2.施術

手術は局所麻酔で行い、耳の後ろから軟骨に割を入れ、対輪を形成する手術になります。手術時間は約1時間程度で、術後、手術痕はほとんど分かりません。

3.施術後

傷跡に直接触れたり擦ったりせず、喫煙や飲酒は控えてください。抜糸は1週間後に行います。

アフターケア施術の概要
  • 手術時間:約1時間
  • 腫れ・痛み:ほとんどありません。
  • 術後の注意:傷は耳の後ろなのでほとんどわかりません。抜糸は1週間後。

よくある質問

術後の傷跡は目立ちますか?

手術の傷跡は耳の後ろ側ですのでほとんど目立ちません。

施術費用

立ち耳(両側・軟骨形成) 380,000円

詳しい施術費用はこちら

診療案内