乳房吊り上げ

下垂したバストも元通りにし形の良いバストへ

バランスの取れたバストに。
大きすぎる訳ではないけれども老化や肥満、出産等でバストが垂れ下がっている場合などに行われます。過剰な乳房組織を取り除きバランスの取れたバストにします。
乳房縮小と違って乳腺組織は切除しないで、乳房皮膚のみの形成です。

治療のポイント

施術方法は、患者様の乳房の大きさ・下垂具合によって異なり、どのような形にしたいかによって仕上がりが変わります。

施術の流れ

1.カウンセリング

経験豊富な院長が充分なカウンセリングを行います。
このときあなたの希望のバストラインを伺いながらシュミレーションを行い、あなたにとって最適なプランを決めていきます。

2.施術

垂れ下がっている程度によって何種類かの手術方法があります。傷口が乳輪周囲だけの方法が一番傷口が目立たないのできれいですが、下垂が軽度の方にしかお勧め出来ません。重度の方では乳房縮小と同様の傷が残ります。局所麻酔で出来ます。

3.施術後

入院の必要はなく抜糸は1週間後です

アフターケア施術の概要

・手術時間:約1時間(片側)
・腫れ・痛み:ほとんどありません。

よくある質問

出産により垂れて張りがなくなってしまったのですが、垂れたバストは治せますか?

治療方法としては、垂れ下がっている程度によって何種類かの手術方法がありまして治すことができます。その治療法が最適かどうか実際に見せていただき、患者様のご希望と合わせてアドバイスいたします。

施術費用

皮弁法 680,000円
ラウンドブロック法(局所麻酔) 480,000円

※別途麻酔代 100,000円、検査代20,000円必要

詳しい施術費用はこちら