二重・目もとの症例写真


治療前。生まれつき「目が眠たそう」な眼瞼下垂の患者様です。挙筋腱膜前転法を施行しました。

治療後1週間の状態(抜糸後)。黒目が大きくなっています。

治療後約3ヶ月、腫れも無くなり「眠そうな印象」も全く無くなりました。肩こりも改善しました。

治療前
治療後1週間(抜糸時)。
傷の腫れがまだ目立ちます。
治療後1ヶ月。傷も殆ど分かりません。

眼瞼下垂と目頭切開を同時に行った患者様です。
病的な眼瞼下垂ではありませんが、少し目が眠たそうな印象を気にしていた患者様です。
一般的な挙筋腱膜前転法を3カ所行っています。
また、二重のラインの形を「平行型」にしたいとの要望もありましたので、目頭切開も行っています。
元々、目頭の「もうこひだ」が多い方ではありませんでしたので、Z法ではなくW法(内田法)を行っています。


少し眠たそうなまぶたをパッチリさせています。目を開ける筋肉である眼瞼挙筋を操作して目を開ける力を強くしています。右側は手術後1ヶ月の写真です。いわゆる「目力」が強くなっているのが分かると思います。

症例写真集