顔の輪郭 ~ アゴ ~

アゴはお顔の重要なポイントです。

長い顎、突出している顎、後退している顎などの悩みを決定的に解決します。

アゴの悩みには様々なケースが考えられます。それぞれのタイプに合わせて異なる専門技術が必要となります。いくつかの治療法を組み合わせることによって、より効果的な治療を行うことが可能です。

  1. 骨切り術
    アゴが長い場合は、口の中から切除して短くします。
    (頬骨やエラ骨が張っている方の治療と同様の手術です)
  2. 脂肪吸引法
    アゴの下に脂肪がついている場合、脂肪を吸引することによってすっきりしたアゴにすることができます。
  3. インプラント法
    インプラントと呼ばれる人工軟骨を用いることによって、アゴ先をシャープにできます。
    また、アゴを前に出すことも可能です。
  4. 美容歯科法
    受け口や前に出たアゴは、歯列矯正や口腔外科的方法で、美しく健康に治しましょう。

アゴ骨切り

  • 長い顎
    下顎骨水平骨切りといって玩具の「ダルマ落とし」の原理で下顎骨の中間部分を3~10mm程度抜いてしまい、顎の長さを短くします。それと同時に骨切りされた下顎骨を前後方向に移動させることにより、長さだけでなく顎を前に出したり、後退させることも自由自在となります。理想の位置で下顎骨をワイヤーまたはチタンプレートで固定して手術は終了です。
  • 後退している顎
    前述の水平骨切りを行いますが「中抜き」は行わずに、骨切りした下顎骨を前方に移動させて、ワイヤーやチタンプレートで固定します。この手術では下顎骨の変化だけではなく、下顎骨の移動に伴って舌骨筋群が前方に移動してきますので、下顎部がすっきりした印象(二重顎が脂肪吸引ですっきりしたような感じ)も獲得できます。
  • 突出している顎
    上記の反対の手術です。水平骨切り後に下顎骨を後方に移動させて固定します。ただし、前述の舌骨筋群が後方に押しやられてしまいますので、下顎部は逆にボテッとした印象になってしまう可能性があります。

アゴプロテーゼ

後退している顎の治療では、骨切りではなくシリコンプロテーゼを下顎骨上に挿入する方法も一般的です。

すっきりしたシャープなラインのアゴに

アゴが貧相にみえることを悩んでいる方もいます。アゴが小さかったり後退しているのは東洋人の特徴です。アゴが引っ込んでいると老けて見られがちで、口元が強調されて目立ちます。また、しもぶくれの輪郭になりやすくなります。 ひっこんだアゴにインプラントを入れてふくらませることによって、口元をひきしめて、鼻筋も強調されます。また、すっきりしたシャープなラインのアゴになります。

Before & After


治療前の写真です。
側面で見るとアゴのボリュームが足りないのがよく分かります。

アゴにヒアルロン酸を注入しました。
アゴが少し前に出たことによって輪郭が立体的となり、より好ましい側面となっています。(上下口唇にもヒアルロン酸を注入しています)

 

症例写真をもっと詳しく見る

治療のポイント

アゴ骨切り

全身麻酔で行います。手術時間は60~90分です。

アゴプロテーゼ

下口唇の裏側の粘膜を切開して下顎骨の骨膜下に患者様の顎の形状に合わせて作成したプロテーゼを挿入します。局所麻酔のみで手術は可能です。時間は20~30分、全身麻酔ではありませんので、手術中に鏡で形を確認しながら行えますので間違いがありません。傷口は溶けてしまう糸で縫合しますので抜糸も不要です。

施術の流れ

1.カウンセリング

経験豊富な医師により、充分なカウンセリングを行います。
このときあなたの希望のアゴのラインを伺いながらシュミレーションを行い、 あなたにとって最適なプランを決めていきます。

2.施術

アゴ骨切り
  • 長い顎 ⇒下顎骨水平骨切りといって玩具の「ダルマ落とし」の原理で下顎骨の中間部分を3~10mm程度抜いてしまい、顎の長さを短くします。それと同時に骨切りされた下顎骨を前後方向に移動させることにより、長さだけでなく顎を前に出したり、後退させることも自由自在となります。理想の位置で下顎骨をワイヤーまたはチタンプレートで固定して手術は終了です。
  • 後退している顎 ⇒前述の水平骨切りを行いますが「中抜き」は行わずに、骨切りした下顎骨を前方に移動させて、ワイヤーやチタンプレートで固定します。この手術では下顎骨の変化だけではなく、下顎骨の移動に伴って舌骨筋群が前方に移動してきますので、下顎部がすっきりした印象(二重顎が脂肪吸引ですっきりしたような感じ)も獲得できます。
  • 突出している顎 ⇒上記の反対の手術です。水平骨切り後に下顎骨を後方に移動させて固定します。ただし、前述の舌骨筋群が後方に押しやられてしまいますので、下顎部は逆にボテッとした印象になってしまう可能性があります。
アゴプロテーゼ

局所麻酔の後、下唇の内側を切開してインプラントをアゴの骨に密着させて挿入します。

3.施術後

アゴ骨切り

手術後は腫れ予防のために腫れ止めの内服薬、圧迫用フェイスマスク、EUS超音波療法を施行しますので、従来よりも腫れの期間が短く早期の社会復帰が可能になりました。多少の腫れは残っていますが早ければ2~3日目からは仕事等も可能です。100%腫れが消失するまでには1ヶ月程度かかります。下顎骨の固定に使用したワイヤーやチタンプレートはそのまま放置しておいて差し支えありませんが、後日抜去することも可能です。全ての手術で骨切りした部分は丁寧に削って滑らかにしますので、骨切りした段差が極端に気になる心配もありません。

アゴプロテーゼ

手術後は2日間、プロテーゼの固定用の絆創膏を貼るだけです。プロテーゼ法ならば手軽な料金で輪郭を整えられます。

アフターケア施術の概要

アゴ骨切り

  • 施術時間:60~90分
  • 麻酔の種類:全身麻酔
  • 入院:不要
  • 術後:手術後2~3時間は休憩してから帰宅してもらっています。手術当日の車の運転は出来ません。タクシーで帰宅するか、お迎えに来てもらって下さい。全て口の中からの切開ですので、傷の心配もありませんし、溶ける糸で縫合しますので抜糸も不要です。

アゴプロテーゼ

  • 手術時間:約20分
  • 腫れ・痛み腫:2~3日ありますので手術後はマスクを着用します。
  • 術後の注意:切開口は口の中なので、傷跡の心配はありません。溶ける糸を使用しますので抜糸不要。

よくある質問

一度手術をすれば永久ですか?それともしばらくしてから元にもどったりするんでしょうか?

アゴ削りを含む輪郭の治療は永久的な治療です。再発や元に戻るといったことはありません。

施術費用

施術法 料金
プロテーゼ 280,000円
骨切り(下顎水平骨切り) 700,000円~
※入院不要、薬代等含む
※別途 麻酔代100,000円、検査代30,000円、歯型模型代5,000円必要
ヒアルロン酸注入0.1ccあたり 10,000円
※ジュビダームビスタウルトラXC使用の場合
CRF脂肪注入 180,000円
※2回目以降は初回の40%の料金
※シリンジ代 15,000円別途

詳しい施術費用はこちら

診療案内