乳輪縮小・乳輪の色をピンクに

大きすぎる乳輪を小さくします。

バランスの取れた乳輪のサイズに。
乳輪が必要以上に大きいと、男性経験が豊富なように誤解されたり、裸になるのが恥ずかしく感じる女性もいます。根本的な解決方法は乳輪を切除して小さくすることです。(乳輪の色をある程度薄くするだけでしたら、レーザー治療やスキンピーリングという方法もあります。)

乳房のバランスにあった乳輪のサイズに小さくします。

色素沈着した乳輪や乳頭をピンクにします。

出産や授乳で乳輪や乳頭が色素沈着する事はよくあります。また、未婚の方でも生まれつき色素沈着している方も多くいます。黒ずんでいる乳輪や乳頭よりもピンク色の方がきれいで若々しい印象です。

治療にはトレチノイン酸(ビタミンA誘導体)クリームとハイドロキノンクリームを使用します。トレチノイン酸クリームは皮膚表面を剥離してメラニンを積極的に減少させます。ハイドロキノンクリームは皮膚内でのメラニンの生成を抑制します。トレチノイン酸クリームは皮膚を剥離させますので多少皮膚がボロボロしてしまいます。

満足できるピンク色になったならば、トレチノイン酸を中止してハイドロキノンクリームだけでアフターケアを継続します。全く治療を行わないと徐々に戻ってしまう可能性があります。

Before & After


経産婦の方の乳輪です。
色素沈着して黒ずんだ乳輪が気になるとの事です。

トレチノイン酸クリームとハイドロキノンクリームで治療中2ヶ月目の写真です。
表皮が剥離されて、少し皮膚がボロボロしています。乳輪、乳頭がかなりピンク色となっています。
この後はトレチノイン酸クリームは中止してハイドロキノンクリームだけの塗布とする予定です。

 

症例写真をもっと詳しく見る

治療のポイント

切除した後の乳頭の形を、自然な丸みを帯びた形にして左右差を最小限にするのが最も重要なポイントです。

施術の流れ

1.カウンセリング

経験豊富な院長が充分なカウンセリングを行います。
このときあなたの希望のバストラインを伺いながらシュミレーションを行い、あなたにとって最適なプランを決めていきます。

2.施術

乳輪の皮膚を渦巻き状に切除し、縫合します。乳腺を傷つけることもなく行いますので、授乳にも影響はありません。

3.施術後

1週間後に抜糸が必要です。

施術の概要
  • 手術時間:約1時間(入院不要)
  • 腫れ・痛み:ありません。

よくある質問

バストに比べて乳輪が大きいのが悩みですが小さくすることはできますか?

バストと乳輪のバランスはもちろん乳頭との全体的なバランスを見ながら、理想的な大きさにすることができます。患者様の希望を聞き取り最適な大きさにします。

施術費用

乳輪縮小 380,000円
乳輪をピンクに 25,000円~

詳しい施術費用はこちら

診療案内