男性形成 ~被角血管腫~

主に男性の陰嚢表面に現れる血管腫を「被角血管腫」と言います。簡単にロングパルスYAGレーザーで治療できます。

1)治療前の状態です。この患者様の被角血管腫は陰嚢の右側は少なく、左側が明らかに多いタイプでした。左右均等に存在する方もいますが、左右差がある患者様も多いです

2)治療後、約1ヶ月半経過した状態です。非常にキレイな状態で、患者様の満足度も高かったです。瘢痕(傷跡)や色素沈着、色素脱失などの副作用も全く見られません

3)治療直後の陰嚢右側の状態です。黒い点々が被角血管腫をレーザーで照射した後のカサブタです。使用したレーザーはキュテラ社のロングパルスYAGレーザー(XEO)です。3mmスポットでパルス幅は10msec、120~130Jの出力で被角血管腫1個について平均2ショットです。コンタクトクーリングという皮膚の冷却装置がある優れものの機器です

4)治療直後の陰嚢左側の状態です。大きな被角血管腫はカサブタとならずに血管腫が破れて出血しています。この出血した部位もいずれはカサブタとなります。カサブタ部位にステロイド軟膏を塗布し、出血がある場合は陰嚢にガーゼを貼付して帰宅してもらいます。シャワーは当日から可能です


1)治療前の状態です。この患者様は普通にしていると被角血管腫はそれほど目立ちませんが、陰嚢の皮膚を圧迫すると浮き上がってきて目立つ方でした。写真のように皮膚を圧迫するとはっきりと分かります。やはり1年に数回の頻度で出血するそうです

2)治療直後の状態です。患部の軽い火傷のような状態です。使用したレーザーはキュテラ社のロングパルスYAGレーザー(XEO)です。3mmスポットでパルス幅は10msec、1個について平均2ショットです。治療部位はカサブタが出来て治ります

3)治療後、約5週間の状態です。瘢痕(傷跡)や色素沈着などは全く見られません。再発の可能性はありますが、治療前の状態に戻ってしまう経験はありません


1)治療前の陰嚢の左側の状態です。この患者様の血管腫は比較的大きいサイズです

2)同じく治療前の陰嚢の右側の状態です。この患者様は陰嚢の左右で比較的均等に血管腫が分布していますが、片側にだけ集中している方も多いです

3)治療直後の状態です。レーザーを照射した瞬間はピリッという痛みがありますが、麻酔無しで十分に対応できる範囲です。今までに麻酔を必要とした患者様はいらっしゃいません。使用したレーザーはキュテラ社のロングパルスYAGレーザー(XEO)です。治療部位はカサブタが形成されて、やく10日くらいで剥がれ落ちるようです(患者様談)

4)治療後、約1ヶ月の状態です。陰嚢の左右ともキレイになっています

5)同じく治療後、約1ヶ月の陰嚢の下部(肛門に近い部位)の写真です。陰茎付近だけでなく、肛門に近い部位にも確実に照射されています。再発の可能性はありますが、数年で10個以内という程度の方が多いと思います


陰嚢の皮下血管に沿って現れる被角血管腫angiokeratomaです。悪性疾患ではありません。ロングパルスYAGレーザーで簡単に治療できます。麻酔不要、1箇所数秒で照射は終了します
治療直後、血管腫の部分がカサブタになっています。1週間程度でカサブタが剥がれ落ちてきます
治療後1年経過です。きれいさっぱり、再発もありません

陰嚢の被角血管腫の患者様の初回治療後約3年です。「少し再発したので気になる」という事だったので来院して頂きました。見た限りでは再発らしい血管腫はありません。患者様が「陰嚢の皮膚を引っ張ると何個か極小さい血管腫が分かるのです」という事で陰嚢皮膚を引っ張ると確かに直径1mmも無いような血管腫が数個目視できました。治療希望だったので前回と同様にキュテラ社XEO(ロングパルスYAGレーザー)を照射しました
陰嚢の被角血管腫です。血管腫の数はそれ程多くは無い患者様でした。やはり「下着が出血で汚れていて気付いた」という方でした。血管の走行に沿って血管腫が見られます
治療直後の状態です。ロングパルスYAGレーザー(キュテラ社のXEO)で照射しました。120~130Jの出力で1個につき2ショットの照射です。血管腫が焼かれてカサブタになっています
治療後、約1ヶ月半の状態です。この方は10日以上経っても中々カサブタが取れなかったそうです。陰嚢皮膚を引っ張ると小さい血管腫が数個残っていましたが通常では分からないレベルでした。写真の撮影条件が違っていて比較しずらく申し訳ありません

治療のポイント

痛みも少なく、麻酔や通院も不要です。

毛細血管拡張症や老人性血管腫の治療と同様に赤色に反応する「ロングパルスYAGレーザー」による治療となります。1064nmという波長です。コンタクトクーリングや強力な冷却エアー噴霧によって麻酔は全く不要です。カウンセリング当日の治療も可能です。

施術の流れ

カウンセリング

経験豊富な院長や副院長が診察・カウンセリングを担当します。陰嚢の被角血管腫は見ただけで簡単に診断がつきます。

手続き

未成年者以外は手術承諾書だけの記入、提出で直ぐに治療が可能です。料金は血管腫1個あたり¥3,300ですが上限は¥55,000ですので陰嚢全体の血管腫で治療個数が17個以上ある場合はお得になります。陰嚢両側で数十個ある患者様でも料金的に安心して治療が受けられます。

実際の治療

被角血管腫に対して1個1個にロングパルスYAGレーザーを照射します。1個につき1〜3発の照射を行います。全てのレーザーにはクーリングデバイス(冷却装置)が付いていますので「冷却→照射→冷却→照射」という具合に治療します。陰嚢全体にある何十個の場合でも30分以内には終了します。治療した被角血管腫の部分がカサブタとなり1週間程度で剥がれ落ちてきます。全く無痛ではありませんが、麻酔は全く不要なレベルです。患部にステロイド軟膏を塗布して帰宅となります。

キュテラ社のXEO(ロングパルスYAGレーザー)

治療後のアフターケア

炎症や腫れを抑えるステロイド軟膏が処方されますので、治療後3日間の塗布をお願いしています。治療後1週間はシャワー浴だけにして下さい。長時間の入浴でカサブタがふやけて剥がれてしまう事は避けて下さい。陰嚢が擦れたり、不潔になるような仕事や運動、サウナ浴は最低1週間は控えて下さい。ご自身での特別な消毒や通院は原則不要です。治療部位の短期間での再発はありませんが、被角血管腫は体質的なものですので「「小さい血管腫の増大」や「別の部位での出現」「時間の経過に伴う同一部位での出現」の可能性はありますが、現在のところ「年月の経過とともに治療前の状態に全く戻ってしまった」という患者様はいらっしゃいません。

施術費用

料金

 

施術 料金(税込み)
1個当たり 3,300円
陰嚢全体(治療箇所が17個以上の場合はこちらが
安価となります。ただし、治療個数があまりに多い場合はヤケドの可能性もあるので2回に分けて治療する場合も考えられます。その場合は別途料金が発生します。)
55,000円
薬代 料金に含まれる

詳しい施術費用はこちら

よくある質問

陰嚢の被角血管腫のレーザー治療は他のクリニックではあまり行っていないようですが、共立美容外科宇都宮院で行っている治療は特殊なものなのですか?

ロングパルスYAGレーザーがあれば比較的簡単に治療出来ますので、決して特殊な治療方法ではありません。栃木県内ではロングパルスYAGレーザーはあまり普及していないのかもしれません。脱毛などにも使用できる優れもののレーザーです。

治療中の痛みはありませんか?

レーザーを照射した瞬間はピリッとした感じがありますが、麻酔が必要になるほどの痛みではありません。治療後1〜2日は皮膚表面のヒリヒリ感が現れる可能性があります。

いつから性行為を行っても良いのですか?

性行為やプール、海水浴、温泉などはカサブタが取れて陰嚢皮膚が完全に上皮化(皮膚が乾いた状態)してからをお勧めします。おおよそ1週間以降となります。

陰嚢にレーザー照射をする事による副作用はありませんか?

特に重大な副作用は考えられません。治療当初のカサブタ形成、その後の皮膚の赤みや内出血、色素沈着などが考えられますが、一生残ってしまうような副作用はありません。睾丸に直接レーザーを照射する訳でもありませんので、精子が減少する心配もありません。

EDや性欲減退になりませんか?

レーザー治療は皮膚表面から数ミリの深さまでの熱作用ですので、陰茎や睾丸に作用してのEDや性欲減退の原因とはなりません。

火傷は起こしませんか?

治療個数が単位面積あたり非常に多かったり、皮膚が非常にデリケートだったりする場合には軽度の火傷(具体的には水疱形成)が絶対に起きないとは断言できません。治療中に皮膚の変化を確認しながらレーザーを照射する個数を決めていきます。万が一、水疱形成しても軟膏処置等で軽快する場合が殆どです。

再発はしませんか?

治療同一部位の短期間での再発はありません。ただし、被角血管腫は体質的なものですので「「治療するほどでは無かった小さい血管腫が大きくなった」や「治療していない別の陰嚢皮膚に血管腫が出来てしまった」「時間の経過に伴って一度治療した部位にまた出来てしまった」などの可能性はあります。現在のところ「治療前の状態に全く戻ってしまった」という患者様はいらっしゃいません。