二重・目もと ~ 目頭切開 ~

平行型二重をご希望の方や目の横幅を広げたい方へ

欧米人のようなスッキリした目元に!

目頭切開は東洋人特有の、目頭の「蒙古ヒダ」を切開して、目を横方向に大きくします。
蒙古ヒダがなくなると、目頭の涙丘が露出されて欧米人タイプの目頭になると共に通常は平行型の二重ラインが自動的に得られます。

治療のポイント

目の横幅自体を大きくし、印象が大きくアップ。目と目が、離れた印象を改善します

「目頭切開」を行うことで「目が横方向に大きく」なり、同時に平行型の二重ラインを獲得することが可能になり目の印象が大きくアップします。
二重は目を縦方向に大きく見せるのに対し、目頭切開は横方向に大きく見せます。
目頭切開の手術方法は大きく分けて「Z法」と「W法」の2つがあります。
Z法では皮膚を切開するだけで殆ど切除しませんので、元に戻す事が可能です。
Z法では東洋人らしい「蒙古襞が少なくなった自然な」目頭が得られます。
一方、 W法では皮膚をある程度切除してしまいますので完全に元に戻すことは出来ません。
W法では欧米人のような「余分な皮膚が殆ど無い涙丘が露出している」目頭の形態が得られます。
眼脂(目ヤニ)がたまりにくくなったり、眼の内側の逆さまつ毛が改善するメリットもあります。

施術の流れ

1. 問診・カウンセリング

経験豊富な医師により、充分なカウンセリングを行います。
このとき患者様の希望の二重まぶたのラインを伺いながらシュミレーションを行い、患者様にとって最適なプラン(Z法もしくはW法)を決定します。もちろん、二重埋没法P-PL法などの他の手術と同時に治療可能です。
両目の目頭間の距離を測定して、仕上がりが30mm以下とならないようにデザインします。
仕上がりが30mm以下となる場合は手術を回避します。

2. 施術

34Gという世界一細い針で皮膚にのみ局所麻酔をします。
デザイン通りに蒙古ヒダの皮膚を切開して目頭を拡げます。手術中は仮縫い状態で確認しながら行いますので安心です。
特にW法の場合は手術中に鏡で確認しながらのリクエストが可能です。

3. 施術後

軽い洗顔やシャンプーは当日から可能です。
抜糸は7日目が一般的ですが、最短で5日目に可能です。術後1~3カ月くらいは目頭の傷の赤みや硬さが残りますが徐々に軽快し、目立たなくなります。お化粧も抜糸後からは可能です。

アフターケア施術の概要
  • 施術時間:Z法 約40分・W法 約60分
  • 通院や消毒:抜糸以外は原則不要です
  • 術後の腫れや内出血:個人差がありますが目頭切開だけではあまり腫れませんし、内出血も95%起きません

Before & After


術前

目頭切開(Z法)の他にも上眼瞼脱脂(2ヶ所)、二重幅広げ(埋没法)も同時に行っています。目元がスッキリして明るい印象になりました。


術前

目頭切開(W法)によって綺麗な並行型の二重になりました。欧米人タイプが希望の場合はW法がお勧めです。


治療前。吊り目で目が小さく、目と目の間も離れている患者様です。目頭切開(Z法)と共立式P-PL法による二重形成を行いました。後日、涙袋形成も行う予定です。

治療後1週間(抜糸直後)、まだ腫れや目頭切開の傷が目立ちます。

 

 

治療後約1ヶ月、二重埋没法の腫れも無くなり目頭の傷も随分と目立たなくなっています。(完全に傷が目立たなくなるにはもう1~2ヶ月必要です)。
ヒアルロン酸注入による涙袋形成を加えた直後です。
目の錯覚ですが、涙袋を形成することによって「吊り目が目立たなくなる印象」が得られます。

目頭切開はミニZ法で行っています。変化は極端に大きくはありません。共立式P-PL挙筋法で二重の幅を少し拡大しています。この方は口元が突出していたので上下顎分節骨切り術を行ってもいます。

左上/手術前です。他院で通常の埋没法を2回受けていますが、その度に元に戻ってしまった方です。もうこひだが多いのとまぶたの脂肪が多いのが元に戻る原因と考えられます。切開法をご希望されて来院されましたので、切開法二重と目頭切開(W法)を行いました。皮膚切開と眼輪筋切除、眼窩脂肪除去を行い、目頭切開を追加して狭めの平行型二重を形成しました。

右上/手術後1ヶ月の写真です。右目の目頭部分の傷がまだ少し赤みがあり、皮膚の硬さが残っています。

左下/お化粧して撮った写真です。

右下/お化粧して閉眼した写真です。切開した部分の傷は目立ちません。



治療前です。左は奥二重、右は全く一重まぶたの方です。二重まぶたの共立式P-PL挙筋法と目頭切開を予定しました。

治療後、約1ヶ月です。腫れも引いて二重まぶたがきれいに出ています。目と目の間の距離も狭くなって、良い感じに仕上がっています。

治療後、9年経過しました。さすがに9年も経つと加齢によって二重幅は狭くなっています。戻っている訳ではなく、皮膚が多少たるんでしまったのが原因です。目頭切開はもちろん元に戻ったりする方法ではありませんので、目と目の間が広がる事はありません。

治療前のアップ写真

治療後約1ヶ月のアップ写真

治療後、9年経過のアップ写真。狭くなった二重幅が気になる場合は再手術が可能です。共立美容外科宇都宮院の永久保証制度を利用すれば片目あたり15,000円(税別、別途腫れ留めセット必要)でいつでも二重幅を広くする事が可能です。一から料金がかかる訳ではなく、非常にリーズナブルな制度です。

治療前の目を閉じた状態のアップ写真

治療後、約1ヶ月の目を閉じた状態のアップ写真 。もちろん1ヶ月経過していますので腫れや内出血は全く無いです。目頭切開の傷跡は全く分かりませんし、二重埋没法「共立式P-PL挙筋法」の糸で縫った跡も全く分からなくなっています。

治療後、9年経過の目を閉じた状態のアップ写真 。多少の皮膚のたるみを認めますが、目頭切開も二重埋没法「共立式P-PL挙筋法」の傷跡も全く分からないままです。

 

症例写真をもっと詳しく見る

W形成法


W形成法では、図の二等辺三角形の底辺「◯」長さを調整する事で、目頭の鼻への寄せ幅を自由に調整できます。
「e,fの角度」をコントロールする事で、素直に内側に引っ張るのみならず、上方や下方へ引っ張ることも可能です。

Z形成法


Z形成法では、Zの字のようにメスを入れます。そして、Xの皮膚を捨てずに一回り小さいサイズ(③の赤の点線の形)にカットします。
小さくカットしたXの部分を三角形cfeに埋め込んで綺麗に縫合します。

よくある質問

目頭切開の手術後は腫れますか?

目頭切開だけの治療であれば腫れは少ないです。また、内出血も殆ど起こしません。ただし、抜糸までは縫合糸が見えてしまいますのでサングラスなどをお勧めしています。

腫れどめセットは使用出来ますか?

はい、目頭切開手術には腫れどめセットが別途必要になります。世界一細い34G針や腫れどめ漢方薬、手術前後のクーリングなどを徹底します。

目頭切開をすると必ず二重のラインは平行型になりますか?

元々の二重のラインが非常に狭い患者様以外は平行型の二重に仕上がります。ただし、皮膚が厚い方や脂肪が多い方などでは目頭部分の平行型二重のラインが、浅くなってしまいます。
そのような場合では二重ラインの目頭側に小切開を加えたり、脂肪除去を追加して対応可能です。

目頭切開の手術後は洗顔やお化粧はいつから出来ますか?

軽い洗顔は当日から構いません。目頭部分のお化粧は抜糸後から可能です。

手術中の痛みはありますか?

麻酔をしますので手術中の痛みは全くありません。麻酔が切れた後の痛みも全く気にならない程度です。

抜糸は最短でいつですか?

5日目です。時間に余裕があれば6日目以降の抜糸をお勧めします。

Z法とW法の2種類のやり方があるようですが、どう違うのですか?

Z法は目頭切開の際に皮膚切除を殆ど行いませんので「東洋人に合った自然な目頭」になります。W法は余分な皮膚を殆ど切除してしまいますので「欧米人のような目頭」が作れます。

手術後に元に戻すことは可能ですか?

Z法ではほぼ完全に元に戻すことが可能です。W法では完全に元に戻すことは出来ませんが60~70%程度は戻すことが可能です。

目頭切開をしたら寄り目になりませんか?

寄り目になる可能性はあります。平均的には「目と目の間の距離が30mm以下」になると寄り目に近づいてきます。ですから、目頭切開のデザインは仕上がりが30mm以下にならないように気をつけます。

目頭切開をすると鼻が高くなりますか?

鼻の高さや形には全く影響を与えませんので、安心して下さい。

目頭切開をすると目ヤニが増えませんか?

目頭切開の手術では皮膚しか触りませんので、目ヤニが増えたり涙が増えたりはしません。

目頭切開では後戻りしませんか?

Z法とW法では明らかな後戻りはありません。Z法とW法は「皮弁」を形成して縫合部に緊張がかからないようにする手術方法ですので後戻りしにくいです。
単純に目頭の皮膚切除だけを行ない縫合する「くの字」法では傷口にテンションが加わりますので傷口が拡大したり、後戻りの可能性が高くなってしまいますので宇都宮院では行なっていません。

目頭切開をした後から二重の幅を広げることは出来ますか?

はい、出来ます。目頭切開を行うと目の横幅が広がりますので、二重の幅を広げた方が「縦横のバランス」が良くなります。もちろん、目頭切開の手術と同時に二重の幅を広げることも可能です。

料金

施術法 料金(税別)
Z法
※別途腫れ止めセット必要
180,000円
Z法と二重P-PL法を同時に行った場合
※永久保証(学割含む)のみ可
※別途腫れ止めセット必要
240,000円
Z法に小切開を追加した場合
※別途腫れ止めセット必要
両目 40,000円
片目 20,000円
W法
※別途腫れ止めセット必要
250,000円
W法と二重P-PL法を同時に行った場合
※永久保証(学割含む)のみ可
※別途腫れ止めセット必要
300,000円
腫れ止めセット
※世界最小34G針で麻酔・術前点眼薬3種類・麻酔前クーリング・治療後クーリング2回・腫れ止め漢方薬処方・腫れ止め点眼薬処方
(各施術共通)
30,000円