乳頭縮小

授乳で大きくなった乳首を簡単に形よく整えます。

簡単な手術で形よく小さく

バスト全体から比べて乳頭が大きすぎバランスが悪かったり、妊娠や授乳を経験すると、乳首の色は濃くなり大きくて、下着の上から目立ってしまうこともありますが、簡単な手術で形よく小さくすることができます。

Before & After

乳頭縮小症例 1


治療前、授乳のために肥大して下垂しています

手術後1ヶ月

手術後3ヶ月、手術後1ヶ月よりもほんの少し小さくなっています

手術直後縫合した状態


切除した乳頭の組織

治療前の側面

手術後1ヶ月の側面

手術後3ヶ月の側面、1ヶ月後の状態よりも少し引き締まっています

乳頭縮小症例 2

乳頭縮小症例 3

乳頭縮小症例 4

症例写真をもっと詳しく見る

施術の流れ

1.カウンセリング

経験豊富な院長が充分なカウンセリングを行います。
このときあなたの希望のバストラインを伺いながらシュミレーションを行い、あなたにとって最適なプランを決めていきます。

2.施術

大きすぎる部分の乳首を、高さ、直径とも切除して小さくします。局所麻酔で行いますので入院の必要もありませんし、傷も全く分らなくなってしまいます。

3.施術後

1週間後に抜糸しますが、余裕のある下着や洋服を着れば通常の生活で問題ありません。

アフターケア施術の概要
  • 手術時間:両側40~60分
  • 腫れ・痛み:腫れが完全に引くまでは約1ヶ月、術後の痛みは手術当日のみ、治療中は仮縫い状態で鏡で確認しながら行ないますので安心です。治療後の授乳には支障を来たす可能性があります。

よくある質問

乳頭が大きいのが悩みです。小さくしてバストのバランスを良くすることはできますか?

小さくするだけではなく、乳頭と乳輪、バストの全体のバランスを見ながら、最適な大きさに整えることができます。
治療中はご希望があれば仕上がりの大きさを確認しながら行う事も可能です。

傷跡は目立ちますか?

元々乳頭や乳輪は色素沈着している部分ですので、傷は全く目立たなくなります。

具体的に乳頭をどのよう縮小するのですか?

一般的には乳頭の「高さ」と「直径」の2つを縮小させる手術を組み合わせて行います。高さに関しては「リンゴの皮を剥くように」して一周分の乳頭皮膚を切除縫合します。
直径に関しては「ホールケーキをカットするように」して2~3ヶ所を切除縫合します。

将来的に授乳に影響は有りますか?

乳管を一部切除しますので、母乳の分泌が悪くなる可能性があります。
ですから、治療後に授乳の予定がある方にはあまりお勧めしません。
今後、授乳予定の無い方にお勧めします。

通院は必要ですか?

可能であれば翌日の患部のチェックと1週間後に抜糸のための通院をお願いしています。

手術後に気を付けることはありますか?

手術後1ヶ月くらいは乳頭をこすられたり、圧迫される事は控えて下さい。痛みが現れる可能性がございますので、スポーツやセックス等で患部を刺激する事は控えて下さい。

縮小するのではなく乳頭を全無くしてしまう事は出来ますか?

はい、可能です。女性では経験がありませんが男性でスポーツの際に邪魔になる、という理由から全く乳頭を平坦にしてしまう方がいらっしゃいます。

乳がんになり易くなったりしませんか?

乳頭縮小を行ったからと言って、全くそのような心配はありません。

乳頭や乳輪の色が黒いのですが、縮小と同時にピンク色に出来ますか?

手術ではピンク色には出来ません。トレチノインとハイドロキノンクリームを2~3ヶ月塗布し続ける事でピンク色にすることが可能です。

乳輪に少し盛り上がってるブツブツも無くすことは出来ますか。

そのブツブツは恐らくモントゴメリー腺です。局所麻酔をして炭酸ガスレーザーで平坦化させることが可能です。

乳頭縮小によって乳頭の感度が鈍くなりませんか?

治療当初は感度が鈍くなる可能性はあります。時間の経過とともに感度は戻って来ます。

施術費用

乳頭縮小(高さ) 180,000円
乳頭縮小(直径) 180,000円
乳頭縮小(高さ+直径) 280,000円

詳しい施術費用はこちら

診療案内