二重・目もと ~ 部分切開法 ~

共立式P-PL挙筋法ではすぐに一重まぶたに戻ってしまう方、まぶたの脂肪が厚い方へ

ほんの少しの切開でラインの消えにくいくっきり二重に

共立式P-PL挙筋法では物足りない、かといって全切開をするほどでもない、という患者様にお勧めです。くっきりとした二重のラインを希望する方や共立式P-PL挙筋法で何度か戻ってしまった方が適応です。

治療のポイント

共立式P-PL挙筋法よりも長持ちする部分切開法

希望する二重まぶたのライン上を、数ミリ切開して行う二重まぶたの手術です。共立式P-PL挙筋法とは異なり切開によって作る二重ですので共立式P-PL挙筋法よりも長持ちし、術後の経過を安心して過ごすことが可能です。

施術の流れ

1.カウンセリング

経験豊富な医師により、充分なカウンセリングを行います。 このときあなたの希望の二重ラインを伺いながらシュミレーションを行い、あなたにとって最適なプランを決めていきます。

2.施術

二重のラインに沿って2~3カ所に3~5mmの切開を加え、そこからまぶたの裏側の瞼板と皮膚を直接縫合してしまうために、元に戻りにくいしっかりとした二重のラインを作る事が可能です。局所麻酔で行い、切開した部分は糸で皮膚表面を縫います。切開した部分から同時にまぶたの脂肪を除去することも可能です。

3.施術後

1~2日後に抜糸が必要です。 洗顔やお化粧は抜糸後からですので早くても3日目です。術後しばらく(1カ月程度)は切開した皮膚の凹みが残ります。

施術の概要
  • 施術時間:30~40分
  • 麻酔の種類:局所麻酔
  • 術後の腫れ:1~2週間程度(個人差がございます)

よくある質問

どこを切開するんでしょうか?

部分切開の場合ですが、希望するライン上を数ミリ切開して治療します。そのため、全切開に比べ著しい腫れを生じないというメリットがあります。

切開の場合、ラインが取れる心配はないんですか?

切開の治療は内部の瘢痕によって癒着させてしまいますので、取れるリスクは限りなくなく無くなります。しかし、まぶたの状態によって取れるリスクの否定はできません。

手術の腫れはどれくらい続くのでしょうか?

1~2週間程度で腫れは落ち着きます。

傷はどの程度残りますか?

切開する範囲によっても違いますが、通常は3~5ミリ程度の切開です。傷に関しては二重のライン上になりますので、目立つ傷ではありません。

手術中の痛みはありますか?

手術中に関しては最初に麻酔をしますので、痛みを感じることはありません。また、治療時間も30 – 40分程度ですのでご安心下さい。

施術費用

施術法 料金(税別)
2ヶ所(脱脂含まず)
※別途腫れ止めセット必要
180,000円
3ヶ所(脱脂含まず)
※別途腫れ止めセット必要
220,000円
4ヶ所(脱脂含まず)
※別途腫れ止めセット必要
260,000円
脱脂2ヶ所セット(内側外側とも)
※別途腫れ止めセット必要
施術料金

100,000円
目頭切開Z法セット
※別途腫れ止めセット必要
施術料金

150,000円
目頭切開W法セット
※別途腫れ止めセット必要
施術料金

220,000円
腫れ止めセット
※世界最小34G針で麻酔・術前点眼薬3種類・麻酔前クーリング・治療後クーリング2回・腫れ止め漢方薬処方・腫れ止め点眼薬処方
(各施術共通)
30,000円