顔の輪郭 ~ エラ ~

エラの張りをとって、四角い大きな顔を卵形のすっきりした輪郭にします。

輪郭をスッキリ小顔に。

一般的にエラ削り、と呼ばれている手術ですが実際には削るだけではなく骨切りと併用します。ただし、顔面の横幅が最も張り出しているのは意外とエラ(下顎角部)の部分ではなく、それより2~3cm前方の部分である事が多いのです。この位置は咬筋(奥歯で咬む時に使う筋肉でエラの部分に付着しています。)の前縁部に相当します。

このようなタイプの患者様ではエラを骨切りしただけでは、正面からの横幅があまり改善しませんので、広範囲(耳たぶの付け根~アゴに近い部分の下顎角部)に骨切りを行い、正面・側面ともほっそりさせて卵形の理想的な輪郭を形成します。

また、簡単にボトックスをエラ張りの原因の一つである咬筋に注入する方法もあります。肥大している咬筋が収縮して小顔効果が得られます。
エラボトックスの詳細

治療のポイント

下顎角 (エラ) 《骨切り》

エラ骨切りでは下顎骨を切除した面積だけ咬筋が付着する骨がなくなってしまいますので、結果的に咬筋が萎縮(小さくなる)して、顔をほっそりとする効果としては「骨切り+咬筋の萎縮」という2つの効果が同時に得られます。ただし、咬筋の萎縮には3~6ヶ月程度かかりますので、この手術の最終的な仕上がりは腫れが引いた時点ではなく、3~6ヶ月後と考えて下さい。この咬筋の収縮はボトックス注射のような一時的なものではありません。

Before & After


エラ骨切りでも「外板削り」をしっかり行わないと正面からの改善は期待できません。

エラ骨切りで「下顎角部」をしっかり切除しているので側面で見て改善が明らかです。



このモニター患者様もエラの張り出しの原因である「下顎骨外板」を削っていますので正面像でシャープな輪郭が得られています。

このモニター患者様は側面での「下顎角部」の出っ張りは少なめでした。



下顎角部が気になっている患者様でしたので、滑らかな下顎角部となり改善が明らかです。



この患者様も「下顎骨外板」削りと「下顎角部」の切除を行って改善が明らかです。



切除した下顎角部の骨。この方は下顎角部が鋭角ではないタイプでしたので、全体的に切除しています。同時にバッカルファットという頬の中にある脂肪も除去しています。



この方は下顎角部が非常に発達しており、二等辺三角形の形に切除されました。

施術の流れ

1.カウンセリング

超音波エコーやレントゲン写真でエラの状態を客観的に把握します。充分なカウンセリングを行い、患者様の希望の輪郭を伺います。エラ骨切り、咬筋ボトックス注射、顔面脂肪吸引、などの治療メニューから最適なプランを決めていきます。現在では骨切りまで希望される患者様は少なく、半分以上はエラボトックスを希望されています。

2.施術

全身麻酔で行います。手術時間は両側で90~120分です。全て口の中からの切開ですので、傷の心配もありませんし、溶ける糸で縫合しますので抜糸も不要です。
このエラ骨切りでは下顎骨を切除した面積だけ咬筋が付着する骨がなくなってしまいますので、結果的に咬筋が萎縮(小さくなる)して、顔をほっそりとする効果としては「骨切り+咬筋の萎縮」という2つの効果が同時に得られます。

ただし、咬筋の萎縮には3~6ヶ月程度かかりますので、この手術の最終的な仕上がりは腫れが引いた時点ではなく、3~6ヶ月後と考えて下さい。この咬筋の収縮はボトックス注射のような一時的なものではありません。

ボトックスの場合は、注射するだけの簡単な治療方法です。効果は注射後2~3日から現れ始め約4~6カ月間持続します。

3.施術後

手術後は腫れ予防のために

  1. 腫れ止めの内服薬
  2. 圧迫用フェイスマスクやテーピング
  3. EUS体外式超音波療法

を施行しますので、従来よりも腫れの期間が短く早期の社会復帰が可能になりました。多少の腫れは残っていますが早ければ2~3日目からは仕事等も可能です。100%腫れが消失するまでには1ヶ月程度かかります。

アフターケア施術の概要
  • 施術時間:両側エラで約2時間
  • 入院:不要
  • 術後:日帰り全身麻酔手術となります。手術後3~4時間は休憩してから帰宅してもらっています。
    手術当日の車の運転は出来ません。
    当日の食事やシャワーは可能です。
    口の中からの手術ですので傷の心配はありません。
    口の中の傷は溶ける糸を使用しますので抜糸不要です。
    手術後2~3日は腫れ予防のために「テーピング」や「フェイスマスク」を着用してもらいます。
    エラ骨切りと同時に咬筋の永久的な萎縮(小さくなる事)も期待できます。

よくあるご質問

亀井院長が手術するのですか?

いいえ、エラ骨切りは口腔外科専門医もしくは骨切りに熟練した形成外科専門医が担当します。

痛みはありますか?

骨自体には神経はありませんので骨の痛みはありません。ただし、口の中の傷の痛みや剥離した骨膜近辺の痛みはあります。痛み止めの薬(坐薬をお勧めしています)で十分に抑えられる程度です。

入院は必要ですか?

原則、日帰り手術となりますので入院不要です。ただし、全身麻酔をかけますので手術後最低3~4時間はクリニックで休憩して頂きます。また、当日の車の運転は出来ません。

腫れると聞きましたが、何日くらいで引きますか?

腫れの期間は個人差はありますが約1ヶ月です。特に最初の1週間は明らかに腫れていますのでマスク着用をお勧めします。

抜糸や通院は必要ですか?

口の中の傷は溶ける糸(吸収糸)を使用しますので抜糸は不要です。通院は絶対ではありませんが「翌日」「1週間後」「1ヶ月後」「3ヶ月後」に来て頂いて傷口や腫れ、仕上がり状態などのチェックを行っています。

後から骨が元に戻ってしまう事はありませんか?

一度、切除したり削ってしまったエラの骨(下顎骨)は一生涯元に戻ることはありませんので、安心して下さい。

エラ骨切りを行うことによって咬筋はどうなりますか?

エラボトックスの治療対象である咬筋は下顎骨に付着して作用しています。エラ骨切りを行うことで咬筋が付着していた下顎骨が減少してしまいます。その減少した分は咬筋が自然に萎縮して小さくなります。これは半永久的な効果と考えています。エラ骨切りは咬筋も小さく出来る一石二鳥の治療です。

歯並びが悪くなったりしませんか?

下顎骨を削ったり、切除したりするだけですので歯自体には全く影響しません。

副作用はありませんか?

一番多い副作用は「オトガイ神経障害」です。エラ骨切りを行う際に下顎骨を露出させる必要がありますが、その際にオトガイ神経という神経も露出させます。オトガイ神経は下唇などの知覚神経です。オトガイ神経を直接傷つけている訳ではありませんが、神経周囲組織を引っ張る操作によってオトガイ神経がダメージを受けることがよく起きます。具体的な症状としては「下唇の知覚低下」です。オトガイ神経は知覚神経ですので顔面神経のように顔の表情が麻痺する訳ではありません。ただし、これは一時的なもので平均的には3ヶ月程度で自然に回復してきますので心配しないで大丈夫です。

エラ骨切りを行うことによって皮膚のタルミが出ませんか?

はい、理論上タルミが出る可能性はあります。皮膚の下の骨組織を相当の量で除去しますので相対的に皮膚が余ってしまいます。ただし、外見上タルミやシワが分かる事は30歳代までであれば殆どありません。逆に言うと50歳代でエラ骨切りを行うと皮膚のタルミが気になるかもしれません。

料金

施術法 料金
アゴを前に出す・後ろに引っ込める 700,000円
※入院不要、薬代等含む
※別途 麻酔代100,000円、検査代30,000円、歯型模型代5,000円必要
アゴを短く(水平骨切り中抜き) 800,000円
※入院不要、薬代等含む
※別途 麻酔代100,000円、検査代30,000円、歯型模型代5,000円必要
頬骨削り 800,000円~1,000,000円
※入院不要、薬代等含む
※別途 麻酔代100,000円、検査代30,000円必要
エラ削り 800,000円~1,000,000円(最重症)
※入院不要、薬代等含む
※別途 麻酔代100,000円、検査代30,000円必要
下顎前突、受け口 800,000円
※入院不要、薬代等含む
※別途 麻酔代100,000円、検査代30,000円、歯型模型代5,000円必要
上顎前突、出っ歯 800,000円
※入院不要、薬代等含む
※別途 麻酔代100,000円、検査代30,000円、歯型模型代5,000円必要
上下顎セット 1,500,000円
※入院不要、薬代等含む
※別途 麻酔代100,000円、検査代30,000円、歯型模型代5,000円必要

詳しい施術料金はこちら

診療案内