鼻・唇・耳・へその症例写真

隆鼻術鼻尖形成鼻中隔延長術小鼻縮小口唇出べそ

治療前正面です。
鼻筋が少し右に曲がっています。
元々鼻が極端に低い方ではありません。

ヒアルロン酸注入直後、鼻筋がキリッと通り、鼻筋が曲がっていたのも修正できました。

治療前側面です。
鼻先の高さに比べて鼻筋が足りません。

ヒアルロン酸注入直後側面、目と目の間の高さがしっかり出ています。


治療前正面です。
全く鼻筋がありません。

ヒアルロン酸注入直後、鼻筋が出来ました。

治療前側面です。
目と目の間が全く平坦です。

ヒアルロン酸注入直後側面、目と目の間に高さが出ました。


鼻筋が通っていない(花根部が低い)患者様です。逆に小鼻が広いのが強調されていますし、鼻先も団子鼻となっています。手術前です。

手術前の側面です。鼻がストレートではなく、カーブしており、鼻根部が低いのがよく分かります。

右の鼻の穴からI字型ソフトシリコンプロテーゼを鼻骨骨膜下に挿入しました。手術後1週間です。軽度の腫れが鼻や目の下にあります。また、目の下に内出血のあとが黄色くなって薄く残っています。小鼻や鼻先は手術していませんが、何となく、全体のバランスが取れています。

手術後1週間の側面です。
鼻がストレートに近づいてきれいな形態となっています。

手術後3週間目です。
腫れや内出血も100%消えて、最終的な仕上がりの状態です。顔全体のバランス(輪郭が角張っている、頬骨が出ている、など)を考えると小鼻縮小や鼻尖形成を行わなくても十分に満足されています。

手術後3週間の側面です。


シリコンプロテーゼによる隆鼻術を行っています。I型のプロテーゼを使用していますので、鼻先は変化していないはずですが、鼻筋を通す事により鼻先を含めて鼻全体がすっきりした印象になっています。同時に頬~顎の脂肪吸引手術も行っている方です。右側は手術後1ヶ月の写真です。

耳介軟骨移植によって鼻先をシャープにしています。自分の軟骨を使用しますので、皮膚圧迫の危険性が少なく安全です。鼻先をシャープにする事によって鼻の穴の形も縦長になっています。

やはり自分の軟骨によって鼻先、鼻柱(鼻の穴と穴の間の部分)を下方に下げて延長しています。この方の場合は耳介軟骨ではなく、鼻中隔軟骨を採取してきて、それを鼻柱に挿入しています。鼻中隔軟骨の方が固くてしっかりとした強度が得られますが、難易度が高い手術です。当然、正面から見た際の鼻の穴は小さく見えます。



治療前です。鼻が上を向いています。

鼻中隔延長術後です。
鼻柱が前に延長されて、理想的な形態となっています。知的な印象が得られています。鼻中隔軟骨と耳介軟骨を採取して、鼻中隔の延長と鼻尖形成を行っています。

治療前です。

鼻中隔延長術を行う場合は殆どが鼻の穴の間の「鼻柱」の中央部を切開します。
1ヶ月後の傷の状態です。まだ、赤味が残っています。3ヶ月程度で殆ど分からなくなります。

上/左:小鼻縮小の手術前、正面です。
上/右:小鼻縮小の手術後、正面です。外側切除法を行っています。傷口は小鼻と頬の境界部分と一致しますので、正面から見ても全く分かりません。

下/左:小鼻縮小の手術前、下方からの写真です。小鼻が横に張り出してすっきりしていません。また、鼻の穴も横長です。
下/右:小鼻縮小の手術後、下方からの写真です。外側切除により小鼻の横幅が狭くなっただけでなく、鼻の穴の形も整えられて縦長になっているのが良く分かると思います。鼻先自体には直接操作を加えていませんが、鼻先がシャープになった印象が得られ鼻全体のバランスが改善しています。



治療前
(単純に皮膚が余っているタイプです)

抜糸直後(1週間)

手術後1年経過しました。


臍ヘルニアです。脱腸とも呼ばれます。
複数回の帝王切開に伴って発生したそうです。

治療後1ヶ月です。きれいなお臍に仕上がっています。幹部に腹圧をかける事は最低1ヶ月は控えてもらいます。