鼻・唇・耳・へそ ~ 鼻尖形成・鼻中隔延長 ~

だんご鼻・ブタ鼻にさよならして、すっきりとした鼻に

鼻先をシャープにして、いわゆるだんご鼻・ブタ鼻をすっきりさせる手術です。

鼻先の形は軟骨の形で決まってしまいます。すっきりした鼻先というのは、軟骨が十分に発達しており軟骨同士にすき間がない状態です。逆に団子鼻の原因は軟骨の発達が不十分で、鼻先まで軟骨がありません。

治療は軟骨を操作して、鼻先まで引き寄せます。軟骨の発育が十分でない患者さんには、自分自身の耳から軟骨を移植することもあります。

L字型のプロテーゼ

この手術にL字型のプロテーゼを使うテクニックもありますが、鼻先の皮膚を圧迫してしまい、後々トラブルの原因となりますので、避けた方が無難ですし、現在ではあまり行われていない方法です。

Before & After

やはり自分の軟骨によって鼻先、鼻柱(鼻の穴と穴の間の部分)を下方に下げて延長しています。この方の場合は耳介軟骨ではなく、鼻中隔軟骨を採取してきて、それを鼻柱に挿入しています。鼻中隔軟骨の方が固くてしっかりとした強度が得られますが、難易度が高い手術です。当然、正面から見た際の鼻の穴は小さく見えます。



治療前です。鼻が上を向いています。

鼻中隔延長術後です。
鼻柱が前に延長されて、理想的な形態となっています。知的な印象が得られています。鼻中隔軟骨と耳介軟骨を採取して、鼻中隔の延長と鼻尖形成を行っています。

治療前です。

鼻中隔延長術を行う場合は殆どが鼻の穴の間の「鼻柱」の中央部を切開します。
1ヶ月後の傷の状態です。まだ、赤味が残っています。3ヶ月程度で殆ど分からなくなります。

 

症例写真をもっと詳しく見る

施術の流れ

1.カウンセリング

経験豊富な医師により、充分なカウンセリングを行います。
このときあなたの希望の鼻筋のラインを伺いながらシュミレーションを行い、 あなたにとって最適なプランを決めていきます。

2.施術

左右の鼻の穴の中を切開し、脂肪や軟骨を切除、鼻先の軟骨を操作して形を整えます。

3.施術後

皮下の切除された組織の修復や皮膚が時間をかけて元の丸い鼻に戻ろうとする力が働きますので、術後すぐにギブスで圧迫・固定します。

アフターケア施術の概要
  • 手術時間:約1時間
  • 腫れ・痛み:ほとんどありません。
  • 術後の注意:1週間後に抜糸が必要です。

よくある質問

鼻中隔延長とはどのような治療ですか?

いわゆる「ブタ鼻」タイプを治す手術です。鼻の穴と穴の間の部分(鼻柱)を下方に延長させて鼻の形を整える手術で、最近非常に人気がある治療です。

鼻中隔延長はどれ位まで可能ですか?

個人差や元々の皮膚の伸展性に寄りますが3~5ミリ位が平均です。7ミリ位延長できる場合もありますが、1センチは絶対に無理です。

鼻中隔延長の治療では入院や通院は必要ですか?

全身麻酔をかけて行いますが、入院は不要の日帰り手術となります。通院は「翌日の消毒、検診」「1週間後の抜糸」「2週間後の検診」「1ヶ月後の検診」「3ヶ月後の検診」をお願いしています。

鼻中隔延長の傷は目立ちませんか?

鼻柱の皮膚を横方向に逆V字切開しますが、2~3ヶ月でかなり目立たなくなります。抜糸後1ヶ月くらいは傷を目立たなくするテープの貼付をお勧めしています。

鼻柱皮膚を切開しないで鼻の穴の中からだけの切開で鼻中隔延長は出来ないのですか?

鼻柱を切開しない「クローズド法」を行っているクリニックもありますが、当院では仕上がりを重視していますので「オープン法」で行っています。クローズド法ではどうしても視野が狭くて手術に制限を受けます。

元に戻ったりしないのですか?

元に戻ることはありませんが、将来的に移植した軟骨が多少吸収されて「角が取れる」可能性はあります。

鼻先だけを細くするとバランスが悪くなりますか?

鼻は「鼻柱」「鼻尖」「鼻翼」「鼻背」などのバランスで成り立っていますので、鼻先だけで全てのバランスが良くなる事は少ないと思います。鼻先を細くした場合は鼻背も高くしてバランスをとる場合が多いです。

L字のシリコンプロテーゼで鼻先をツンとさせたいのですが?

今から30年位前には鼻尖形成の技術が未熟でシリコンプロテーゼの形態に頼って鼻先の形態を整えていました。現在は技術が格段に向上しましたので鼻先の皮膚に負担がかかるL字シリコンプロテーゼを使用することは殆どありません。

耳の軟骨を取ってしまって副作用はありませんか?

副作用は特にありません。軟骨は1年位でほぼ再生しますので触っても分からなくなります。

鼻中隔軟骨を取ってしまって副作用はありませんか?

鼻中隔延長の際には鼻中隔軟骨を採取しますが「開窓」と言って一部分だけを採取しますので、鼻中隔が偏移してしまう可能は非常に低いです。

鼻先を特殊な糸で細くする方法があると聞いたのですが、宇都宮院でも行っていますか?

韓国製の吸収糸の事だと思います。厚生労働省でも認可されていませんし、医学的な根拠に乏しい治療方法ですので宇都宮院では導入していませんし、お勧めもしません。感染を起こして治療に難渋した、という話も聞きます。

ヒアルロン酸で鼻中隔延長は出来ませんか?

鼻中隔軟骨移植による延長ほどは期待できませんが、1~2ミリの延長は期待できます。ジュビダームビスタボリューマXCなどの比較的流動性の低いヒアルロン酸を使用して行います。もちろん、永久的なものではありません。

鼻尖形成を行うことによって同時に鼻の穴の形は良くなりますか?

通常は鼻尖形成によって鼻先の軟骨を引き寄せますので、鼻の穴は少し「縦長」の形状になる場合が多いです。

鼻骨骨切りはどのような方が適応になりますか?

鼻骨の横幅が大きくて「鼻が低い訳ではないが鼻筋が無い」「男っぽく鼻に見えてしまう」などの場合に積極的にお勧めしています。ただし、全身麻酔での手術になりますし、手術後2週間はギプス固定が必要となりますのでダウンタイムがかかります。

鼻骨骨切りの傷は目立ちませんか?

両側の鼻の穴の中の切開と鼻背部に左右2ミリずつの切開を加えます。その切開部位からノミで骨切りを行います。もちろん、鼻の穴の中の傷は全く見えません。鼻背の傷も直ぐに目立たなくなりますので、心配ありません。

施術費用

鼻尖軟骨形成 380,000円
鼻尖軟骨形成+軟骨移植 480,000円~
鼻中隔軟骨移植 480,000円
鼻中隔軟骨移植+耳介軟骨移植 680,000円
鼻中隔軟骨移植+耳介軟骨移植+プロテーゼ(I字)
(別途、全身麻酔代:100,000円・検査代:30,000円)
780,000円
鼻骨骨切り
(別途麻酔代必要な場合あり、別途検査代20,000円必要)
480,000円~
人中短縮(皮膚切除) 280,000円

詳しい施術費用はこちら

診療案内