脂肪吸引・痩身 ~脂肪吸引~

掲載のご紹介

院長 亀井 眞「「脂肪吸引」の内容が掲載されました

この度 当院院長である亀井 眞が脂肪吸引について 執筆した文献が掲載されましたのでご紹介いたします。

PEPARS<ペパース>
美容外科・抗加齢医療 -基本から最先端までー
平成27年3月10日発行
NO.99増大号2015.3
編集/日本医科大学 百束 比古
定価(5,000円+税)
二の腕、お腹、太ももなど気になる部分をすっきり!


太るメカニズムは大きく分けて2通りあります。

ひとつは脂肪細胞の数が思春期までに増えること。もうひとつは、思春期以降もおきる脂肪細胞自体が大きくなることです。

脂肪細胞の数は通常成人になるまでに決まってしまうので、思春期以降、太るのはほとんどの場合脂肪細胞のひとつひとつが大きくなるのが原因です。

脂肪吸引では、文字通り脂肪を吸引除去する、つまり脂肪細胞の数自体を減らすので、ダイエットやエステなどと違いリバウンドの心配はほとんどありません。

当院の特徴

1.EUS(体外式超音波)

あらかじめ皮膚の上から脂肪層にEUS超音波を照射する事により「脂肪細胞を分解して吸引しやすく」「出血を少なく」「手術後の腫れを少なく」する事が出来るようになりました。

また、当院で導入している超音波装置は最先端の2周波タイプ(伊藤超短波社製US-700とUS-750の2機種)ですので、深部(1メガヘルツ)と浅部(3メガヘルツ)とを使い分ける事によりあらゆる部位の超音波脂肪吸引が可能になりました。

従来の機種では深部用の1メガヘルツしか出力出来なかったために、顔面や二の腕、下腿などの皮下脂肪層が薄い部分の吸引には向いていませんでしたが、それらの問題も解決されました。

2.麻酔専門医による麻酔

麻酔専門医の小西 るり子医師(元自治医大麻酔科講師、麻酔科歴26年)を始め、獨協医大麻酔科出身の医師らによる安全で確実な麻酔を提供しています。腹部全体や大腿全体の麻酔は主に全身麻酔を中心に行っております。

また、二の腕や顔面の脂肪吸引では歯科のような局所麻酔で行っております。いずれも入院不要です。
全身麻酔薬の発達により、従来多用していた硬膜外麻酔は現在では殆ど採用していません。硬膜外麻酔のリスク(片効き、感染症、血腫、背骨の変形等による挿入困難、など)も回避できます。

現在の全身麻酔薬は手術後の覚醒(目が覚める事)が格段に早くなり、手術後早期に歩行が可能なため逆に硬膜外麻酔よりもリスクが少ないと判断しています。
脂肪吸引での医療事故の多くは麻酔専門医が居ない状況で起きていると思われます。

宇都宮院では安全確保のために全身麻酔器や各種モニター類は2つずつ導入しています。
万が一、故障した際のバックアップも万全です。
また、最近ではうつ伏せで麻酔を行う際に顔面を保護するProne Viewという器具を導入しました。
写真のような構造で顔面、特に眼球や鼻、口元が開放されていて圧迫されないように工夫されています。

3.53種類のカニューレ(吸引管)

脂肪吸引が日本で普及した1990年代では直径4~6mmの太いカニューレも使用されていました。
しかし、これくらい太いと使用部位が限られ、出血も多く、皮膚が凹凸になる危険性も大きいものでした。
そこで、共立美容外科では独自に太さ、長さ、穴の数、穴の場所の違いによって53種類ものカニューレを開発しました。
このカニューレを部位によって使い分け、時間をかけた丁寧な手術を実施することにより、安全で仕上がりの美しい脂肪吸引が可能になりました。
宇都宮院で主に使用しているカニューレを写真に示します。
細いカニューレで吸引することにより初めて、出血が少なく仕上がりが凹凸にならない脂肪吸引が可能になります。
どんなに時間がかかろうとも当院では決して3mmよりも太いカニューレは使用しません。
安全ときれいな仕上がりのための鉄則です。

◆ 細いカニューレの場合

細いカニューレで丁寧に吸引すると、美しい仕上がりが得られます。

◆ 太いカニューレの場合

太いカニューレを使用すると、吸引時に脂肪層に大きなトンネルができるために、創収縮の際、表面が凸凹になります。

4. テュメセントメソッド

脂肪吸引では、脂肪層 を膨らませて脂肪を柔軟化させて吸引しやすくするテュメセント液(ボスミン、メイロン、リドカイン、生理食塩水の混合液)をあらかじめ注入してから吸引を行います。
麻酔効果を延長させたり、出血を最小限に抑える効果も同時に得られる脂肪吸引では必須の方法です。脂肪層EUS体外式超音波との併用でより効果を発揮します。
太もも全体の脂肪吸引ではこのテュメセント液を2リットル位使用します。
2リットルもの液体が体内に残存すると腫れや硬結、治癒遅延などの原因となります。
そこで宇都宮院では脂肪層に溜まったテュメセント液を体外に排出する「ドレーン(柔らかいゴム製のストローのようなもの)」を太もも全体や腹部全体の脂肪吸引の場合には使用しています。
このドレーンの使用によって劇的に手術後の腫れやトラブルが回避できます。
ドレーンは通常、手術後2日目に来院して頂き、抜去します。
皮膚縫合や抜糸も不要です。

5. 血栓等に対する各種安全対策

昨今のマスコミなどの報道でもご存じのように脂肪吸引手術での医療事故が発生しています。
原因の1つには血栓と呼ばれる血液の固まりが肺の血管に詰まって起きる肺塞栓があります。
これは美容外科の手術に限らずにどのような手術でも起こる可能性があります。特に肥満や高齢者、水分不足、長時間の安静、ピルの服用、喫煙歴などの条件が重なると起きやすくなると言われています。
症状の有無を問わなければ大学病院の手術の約3%に起きている、というデータもあります。
我々、美容外科にいらっしゃる患者様は比較的若くて健康なので、血栓のリスクは元々低いのですがゼロではありません。

この血栓症の予防のために行っているのは「下肢ポンプマッサージ」です。手術中も電動のマッサージ器によって下腿の筋肉を収縮させて、歩いているのと同じ状況を作り出して血栓症を予防しています。
この「下肢ポンプマッサージ」の使用は2時間以上の手術では義務づけられています。
この他には血栓症の予防につながる「入院の回避」「手術後の早期離床・歩行」「十分な手術前検査・問診チェック」「麻酔指導医による手術中のモニターによる管理」や万が一血栓症が疑われた際の「血栓溶解剤の投与」、手術後の「下肢圧迫ストッキングの着用」などを徹底して行っています。

6.KBシース

脂肪吸引の手術の際は、カニューレを1時間に約6000~7000回も往復運動させます。そのため、カニューレの挿入口(皮膚の傷口)は摩擦によってかなりのダメージを受けます。共立美容外科では、KBシースという国内外で特許を取得しているスキンプロテクターを開発しました。

このKBシースを使用することによって皮膚を摩擦から守り、出来る限り傷跡を残さない手術を可能にしました。また、吸引したい部位に直接アプローチできますので、脂肪の取り残しもありません。

7. 超音波エコーによる脂肪厚測定と診断

共立美容外科宇都宮院では手術前(カウンセリング当日が殆どです)に患者様の吸引希望部位を超音波エコー(前述のEUS体外式超音波とは違います)で測定し脂肪厚や筋肉の状態を診断します。

一見、太っているように見えても実はそれは脂肪ではなく、筋肉や骨が原因だったりする場合も明確に判定できます。
また、太ももだけを脂肪吸引すると逆にふくらはぎの太さが強調されてしまう、などというのも事前に判断可能です。
(超音波エコーによる診察は無料です。)

治療部位のご案内 ~顔~

気になる頬や二重あごなどフェイスラインもすっきり

ダイエットでは難しい「小顔」も脂肪吸引で手に入れることができます。顔は脂肪を取る量によってかなり印象が変わってしまいますので、1~2mmの極細のカニューレで吸引の微妙な加減を調節しながら、シャープなフェイスラインをデザインします。また、顔の脂肪吸引にはしわ伸ばし効果もあります。明らかにエラが出っ張っている方にはエラ削り、咬筋が発達している方にはボトックス注射の方が有効です。

Before & After



頬~アゴ下の脂肪吸引を行った方です。右側は手術後3ヶ月の写真です。随分とフェイスラインがシャープになったのが分かると思います。この方はシリコンプロテーゼによる隆鼻術も同時に行っています。



治療前の正面

治療後1ヶ月の正面

治療後3ヶ月の正面。はっきりと効果が分かります。皮膚のタルミは全く見られません。

治療前の側面。二重あごも気になります。

治療後1ヶ月の側面。まだ劇的な変化は分かりません。

治療後3ヶ月の側面。二重あごも改善しました。少しだけタルミが残っていますが、もう3ヶ月で更に引き締まります。

治療前の右斜め

治療後1ヶ月の右斜め。まだ、効果ははっきりしません。

治療後3ヶ月の右斜め。フェイスラインも含めて劇的にすっきりして来ました。タルミも全くありません。

治療直後はスポンジを患部にあてます。

スポンジの上からフェイスマスクを着用してもらいます。この状態を48時間お願いしています。これによって内出血は殆ど現れません。

吸引した脂肪量、50cc程度です。もちろん体重は変化ありません。

治療後48時間の正面。明らかに腫れている、という印象はありません。もちろん内出血も見られません。

治療後48時間の右斜め。内出血も全く見られません。腫れを抑えるためのスポンジの跡が付いていますが、直ぐに消えてしまいます。耳たぶの傷口はテープで留めるだけで抜糸は不要です。

治療後3ヶ月の傷口の状態。まだ少し赤味がありますが耳たぶを持ち上げなければ分かりません。

症例写真をもっと詳しく見る

超音波エコーで手術前後の皮下脂肪厚を正確に測定し、目で見て効果が分かるので安心!

超音波エコーによる皮下脂肪厚測定を術前、術後に行っていますので脂肪の減少が数値ではっきりと確認できます。

また、手術前の診察によりどれくらい痩せられるかが事前に分かります。逆に皮下脂肪が原因でない肥満(内臓脂肪が多い、腹筋が緩んでいる、など)も事前に分かります。

共立美容外科宇都宮では超音波エコーを使用して患者様の手術前と手術後の皮下脂肪厚を正確に測定しています。左上の写真は太もも前面の皮下脂肪を測定したものです。手術前は11.0ミリだったものが手術後は3.7ミリと70%近く減少しているのが分かります。

左下の写真は太もも裏側のものです。
やはり皮下脂肪厚が20.7ミリから5.5ミリへと75%近くも減少しています。結果が視覚や数値で確認できるので安心、納得です。

金属のカニューレを挿入する皮膚の部位は皮膚とかニューレのまさつを予防するためのKBシースを装着します。

このKBシースも共立美容外科で国際特許を取得しています。このKBシースは脂肪吸引手術やワキガ手術の際に世界中で使われています。

施術の流れ

1.カウンセリング

経験豊富な医師により、充分なカウンセリングを行います。
症状や、ご希望などを詳しく伺いながら、最適な治療プランを決めていきます。

2.施術

耳たぶの付け根に1~2mmの穴を開けカニューレを挿入し、脂肪を吸引します。

3.施術後

お化粧・洗顔は2日目から可能です

施術のの概要

施術時間:約40分
麻酔の種類:局所麻酔
術後の腫れ:2日間ほどフェイスマスクを着用していれば腫れや内出血は殆どありません。

アフターケア

治療部位のご案内 ~腹部~

ウエストサイズを1~2サイズダウン(3~10cm以上も可能)

女性の肥満はウエストまわりに脂肪が付きやすく、脂肪吸引でもっとも多い悩みが腹部に関してです。
すっきりしたみぞおち、キュッとくびれたあこがれのウエスト、出っ張っていない下腹部を手に入れることが可能です。

Before & After


腹部全体の脂肪吸引手術の方です。全体で1.5リットルの脂肪が取れています。

症例写真をもっと詳しく見る

施術の流れ

1.カウンセリング

経験豊富な医師により、充分なカウンセリングを行います。
症状や、ご希望などを詳しく伺いながら、最適な治療プランを決めていきます。

2.施術

おへその穴、脇腹、尾てい骨の窪み等からカニューレを挿入し、脂肪を吸引します。

3.施術後

2日間は包帯またはボディスーツを着用してください。ドレーンを挿入する場合があります。シャワーは2日目から可能です。事務的なお仕事であれば翌日からの出勤も可能です。

施術のの概要

施術時間:1~2時間
麻酔の種類:局所麻酔
術後の腫れ:少ないです

アフターケア

治療部位のご案内 ~二の腕~

ノースリーブの似合う二の腕をデザイン

ぷよぷよした二の腕の贅肉を取って、夏のファッションを楽しみたいあなたに。 切開部は基本的にわきの下など目立たない場所ですので、傷跡がわかるようなことはありません。 また、肥満の原因となる脂肪細胞自体を吸引除去するのでリバウンドの心配もありません。

Before & After

症例写真をもっと詳しく見る

施術の流れ

1.カウンセリング

経験豊富な医師により、充分なカウンセリングを行います。
症状や、ご希望などを詳しく伺いながら、最適な治療プランを決めていきます。

2.施術

ひじの先を2カ所の穴を開けカニューレを挿入し、脂肪を吸引します。

3.施術後

術後2日は包帯で固定。シャワーは2日目から可能です。

施術のの概要

施術時間:約40分
麻酔の種類:局所麻酔
術後の腫れ:ほとんどありません

アフターケア

治療部位のご案内 ~ヒップ~

ヒップアップでボディメイク

気になるおしりの脂肪を取って、ジーンズの似合う後ろ姿を実現。
ただし、あまりヒップを小さくしすぎると子供っぽい印象になってしまいます。

Before & After


太もも全体(太もも+ヒップ下+膝周り)の脂肪吸引手術の方です。この方の様に皮下脂肪がたくさんある方は劇的に変化します。

症例写真をもっと詳しく見る

施術の流れ

1.カウンセリング

経験豊富な医師により、充分なカウンセリングを行います。
症状や、ご希望などを詳しく伺いながら、最適な治療プランを決めていきます。

2.施術

尾てい骨の凹みからカニューレを挿入し、脂肪を吸引します。

3.施術後

シャワーは2日目から可能です。イスに座る時はクッションを使用して下さい。

施術のの概要

施術時間:30分~40分
麻酔の種類:局所麻酔
術後の腫れ:ほとんどありません

アフターケア

治療部位のご案内 ~太もも~

足を長く見せるための脂肪吸引

ダイエットでは簡単に落ちない太ももの脂肪も脂肪吸引でスッキリと細くできます。
太ももを吸引することでヒップアップした印象も獲得できます。

Before & After


この方も太もも全体(太もも+ヒップ下+膝周り)の脂肪吸引手術を受けています。側面からですとヒップと太もものバランスが良く分かります。

症例写真をもっと詳しく見る

施術の流れ

1.カウンセリング

経験豊富な医師により、充分なカウンセリングを行います。
症状や、ご希望などを詳しく伺いながら、最適な治療プランを決めていきます。

2.施術

ビキニライン、ヒザ付近、ヒザの裏側、ヒップラインからカニューレを挿入し、脂肪を吸引します。

3.施術後

2日間程は腫れや出血を抑えるために包帯またはガードルを着用してもらいます。ドレーンを挿入する場合があります。2~3日はあまり歩き回らない方が無難です。シャワーは2日目から可能です。2~3カ月は弾性ストッキングの着用が重要です。

施術のの概要

施術時間:1~2時間
麻酔の種類:局所麻酔
術後の腫れ:吸引量に比例して腫れが強く出ます。

アフターケア

治療部位のご案内 ~足首~

足首のくびれで、足全体を引き締め

脂肪のつき方のわずかな差で足全体の印象が変わります。また吸引できる量には限界がありますのでご相談ください。

Before & After


ふくらはぎの脂肪吸引手術を受けた方です。両側で脂肪は600cc吸引しています。
ふくらはぎはしっかり細くなっているのが分かります。

症例写真をもっと詳しく見る

施術の流れ

1.カウンセリング

経験豊富な医師により、充分なカウンセリングを行います。
症状や、ご希望などを詳しく伺いながら、最適な治療プランを決めていきます。

2.施術

ヒザの裏のしわに沿って、または足首の直上からカニューレを挿入し、脂肪を吸引します。

3.施術後

ふくらはぎと一緒で圧迫用のストッキングを2~3カ月は着用して下さい。

施術のの概要

施術時間:約60分
麻酔の種類:局所麻酔
術後の腫れ:ほとんどありません。

アフターケア

よくある質問

手術中の痛みはありますか?

手術は局所麻酔や全身麻酔を行いますので、麻酔がかかった後の治療中は無痛となります。

1度の手術で何キロ位痩せられますか?

脂肪自体は水よりも軽い(比重的には0.7~0.8)ので1リットル吸引しても体重的には700~800gしか痩せません。3リットル吸引すると体重的には2.1~2.4kgの減少となります。1日で吸引できる量の上限は大体3リットルですので、1度で2.4kg以上の減量は出来ません。3リットルの吸引=3kgの体重減少、ではありません。

1度の手術でウェストは何センチまで細くできますか?

腹部では1リットル吸引すると約3センチ程度はウェストサイズがダウンします。仮に腹部全体で3リットル吸引できたとするとウェストサイズは最大9センチのダウンが可能です。前述したように3リットル吸引しても体重的には2.4kgのダウンですが、ウェストサイズは大幅ダウンが」可能です。ですから、脂肪吸引治療は体重を何キロも落とす治療では無く「プロポーションを整える」治療とお考えください。

全身の脂肪吸引を1日で済ませる事は可能ですか?

脂肪吸引手術で日帰りの場合は1日で吸引しても大丈夫、という量が決まっています。「体重の5%もしくは3リットル、どちらか少ない方」です。アメリカでは州によって規定されている場合もあるようです。(ロバート・クレ医師による) 通常は全身の脂肪吸引を行うとこの限界量(3リットル)を超えてしまうので1日で全身脂肪吸引は出来ません。全身脂肪吸引は何回かに分けて行うのが鉄則です。無理矢理、1日で済まそうとすると必ず「手抜きの治療」になってしまいます。

輸血をする可能性はありますか?

元々、輸血が必要になるくらいの脂肪吸引の予定は立てませので、輸血は行いません。あくまでも日帰りで出来る範囲でしか手術は行いません。欧米では入院して輸血を行う脂肪吸引があります。この場合は早急に減量しないと心臓や体の負担が大きすぎて生命に関わる、という場合のようです。日本ではそこまでは行われていません。あくまでもプロポーションを整える「美容目的」です。

手術前日に気を付けることはありますか?

全身麻酔での手術の場合は、手術前日の21時以降は食事を摂らないようにお願いしています。水分(水やお茶)は就寝前までは飲んでも構いません。手術当日の朝は一切飲食しないで来院下さい。また、手術後の感染予防のために抗生剤内服を処方されている患者様はきちんと内服して下さい。歯科のような局所麻酔の場合は特に前日に気をつけてもらう事はありません。

入院や通院は必要ですか?

入院は不要です。通院ですが、ドレーンを挿入する手術(腹部全周や太もも全周、背中全体など)では2日後に通院が必要です。全ての脂肪吸引手術では最低48時間の圧迫固定を行いますので、時間に余裕のある方では48時間以降に固定除去のための通院をお願いしています。もちろん、患者様ご自身で固定除去(顔面や二の腕、下腿、下腹部など)を行うことも可能です。

日帰りで全身麻酔手術が受けられる、という事ですが危険ではないのですか?

原則的には4時間以内の手術しか計画しません。全身麻酔での手術の場合は共立美容外科宇都宮院では必ず麻酔専門医(20年以上のベテラン麻酔科医)が麻酔を担当します。最新の大学病院と同等レベルの麻酔ですので、安全で手術後の覚醒も早い麻酔を実施しています。 朝一番で手術を開始して遅くても午後2時ごろには手術は終了します。夕方までクリニック内で休んで頂き「血圧や血中酸素濃度など」や「自立歩行」「自己排尿」「自己飲水」などのチェック項目で問題ない事を確認してから帰宅して頂きます。 とても元気な場合は電車やバスに乗ることも可能ですが、タクシーや家族などによるお迎えをお勧めしています。

一人暮らしなのですが、日帰り全身麻酔を受けても大丈夫ですか?

全身麻酔での日帰り手術の場合は「帰宅後に成人の付き添いがいる事」を条件としています。日本麻酔科学会の「日帰り麻酔のガイドライン」にも明記されています。一人暮らしの方の場合は手術当日だけでも付き添いの成人の同伴をお願いしています。どうしても付き添いが居ない、クリニック近くのホテルに一人で宿泊予定である、という場合は事前にクリニックに相談して下さい。

脂肪吸引手術後は車の運転は可能ですか?

全身麻酔での手術の場合は、当日は車の運転はできません。タクシーや家族によるお迎えをお勧めしています。局所麻酔の場合は車でご来院して車で帰宅する事は問題ありません。ただし、下腿(ふくらはぎ)の脂肪吸引の場合は圧迫固定を行いますので、長時間の運転はお勧めしません。

傷跡が残ったりしませんか?

脂肪吸引する吸引管(カニューレ)を挿入するために皮膚に2~3mmの穴を開けますが、「KBシース」という共立美容外科が国際特許を取得している皮膚を保護する器具を使用しています。この「KBシース」のお陰で傷口は1~3ヶ月で殆ど目立たなくなる場合が多いです。穴を開ける場所も「ビキニラインの中」「膝の裏側のシワの部分」「耳たぶの付け根」などの目立たない部位を選択しています。唯一、太ももの脂肪吸引の際に穴を開ける膝内側の傷は「虫刺され」のように赤茶色になる事が多いのですが3~6ヶ月で目立たなくなります。

手術後に皮膚がたるんでしまう事はありませんか?

理論上は皮膚の下の脂肪だけを除去しますので皮膚は余ってしまいます。ただし、見た目で「皮膚がたるんでしまった」という事はほとんど無く「皮膚をつまんでみると手術前よりは余っている」という程度です。
欧米人のように「皮膚切除」を併用する必要は全くありません。また、顔やふくらはぎの脂肪吸引では皮下脂肪層が比較的薄いので「瘢痕拘縮」作用で皮膚は逆に手術前よりも引き締まる事が多いです。

リバウンドはしませんか?

脂肪吸引は肥満の原因である脂肪細胞そのものを吸引除去してしまいます。治療部位の脂肪細胞の平均70~80%を吸引減少させています。ですから、脂肪細胞が圧倒的に減っていますので、リバウンドしにくい体質になります。 ただし、脂肪細胞が全く無くなっている訳ではありませんので「過度の飲食」や「妊娠による肥満」などによる体重増加が全く起きない訳ではありません。手術後のプロポーションを維持するためには適度のダイエットや運動をお勧めします。

ベイザー脂肪吸引は行なっていますか?

宇都宮院ではベイザーは導入していません。ベイザーとは超音波であらかじめ脂肪細胞を破砕しておいてから吸引するアメリカ生まれの治療方法です。欧米人のように脂肪層が極端に厚い場合は有用ですが、日本人はそこまでの脂肪層の厚みがありませんので大きなメリットが無いと考えていますので、導入していません。また、ベイザーで使用するプローべ(超音波を発生させる管)は3mm未満の細いものが用意されていませんので「顔面」「二の腕」「下腿(ふくらはぎ)」などの脂肪層が元々薄くてデリケートな部位には適応がありません。脂肪吸引の本場アメリカでも主流にはなっていません。また、ベイザー(超音波)は熱を発生しますので火傷のトラブルも報告されています。

施術費用

詳しい費用は、料金表をご確認下さい。

診療案内