鼻・唇・耳・へそ ~ 小鼻縮小 ~

大きすぎる小鼻も簡単に小さくできます。

鼻の横に張り出している、大きすぎる小鼻を気にしている患者さんも多くいます。

「あぐら鼻」や「獅子鼻」といわれる鼻は、女性にとって十分すぎる悩みの種です。この治療は大きすぎる部分を切除するのが1番です。

手術は患者さんに鏡で見てもらいながら行いますので安心です。小鼻が小さくなると同時に鼻の大きさも小さくなります。傷口は小鼻と頬の境目にできますので、抜糸後は傷は全く目立ちません。

Before & After

上/左:小鼻縮小の手術前、正面です。
上/右:小鼻縮小の手術後、正面です。外側切除法を行っています。傷口は小鼻と頬の境界部分と一致しますので、正面から見ても全く分かりません。

下/左:小鼻縮小の手術前、下方からの写真です。小鼻が横に張り出してすっきりしていません。また、鼻の穴も横長です。
下/右:小鼻縮小の手術後、下方からの写真です。外側切除により小鼻の横幅が狭くなっただけでなく、鼻の穴の形も整えられて縦長になっているのが良く分かると思います。鼻先自体には直接操作を加えていませんが、鼻先がシャープになった印象が得られ鼻全体のバランスが改善しています。

症例写真をもっと詳しく見る

治療のポイント

内側切除と外側切除をご希望に合わせて検討します

手術方法は、内側を部分的に切除し表面に傷をつけない方法(内側切除)と余分な所を切除する方法(外側切除)とがあり、内側切除は横の広がりがあまりない場合に行い、外側切除は余分な所を切除するので、横の広がりだけでなく鼻穴が目立ってしまう鼻、上向きの鼻に効果があります。

施術の流れ

1.カウンセリング

経験豊富な医師により、充分なカウンセリングを行います。
このときあなたの希望の鼻筋のラインを伺いながらシュミレーションを行い、 あなたにとって最適なプランを決めていきます。

2.施術

左右の鼻の穴、付け根部分を3~4mmくらい切除し、小鼻の大きすぎる部分を直接切除した後、傷口を縫合します。

3.施術後

手術直後は、腫れや内出血の出る方もいますが、徐々に引いていきます。小鼻の横の丸みのある部分に一週間は糸が見える状態で、その後は殆ど傷とは気づかれません。

傷は、小鼻の横の丸みのある部分に見える状態ですが、数日後には殆ど目立たなくなります。

施術の概要
  • 手術時間:約1時間
  • 腫れ・痛み:ほとんどありません。
  • 術後の注意:1週間後の抜糸まではマスクを着用。抜糸後は化粧も可能。

よくある質問

鼻の穴が大きいのですが、小さく出来ますか?

小鼻の余分な部分を取り除くことで、鼻の穴は小さくなり気にならなくなります。

施術費用

鼻翼形成(外側切除) 280,000円
鼻翼形成(皮弁法) 380,000円
鼻孔縮小(内側切除) 250,000円
耳介皮膚軟骨複合移植による鼻翼前方移動(鼻翼アドバンス) 480,000円

詳しい施術費用はこちら

診療案内