しわ・たるみ・若返り ~ サーマクール ~

サーマクールCPTを栃木県で初導入

サーマクールCPT導入!

2003年10月から「切らないフェイスリフト」として発売されたサーマクール を導入し更に2010年3月から「痛くないサーマクール 」として発表されたバイブレーション付きのサーマクールCPTをいち早く導入しています。

栃木県内では唯一のサーマクール認定クリニックとして患者様に好評をいただいています。また亀井院長はThermage社の講習、研修を受けてサーマクール認定医の資格を授与されました。
2003年10月の導入以来、切らないリフトアップ治療、小顔治療として多くの患者様から信頼を得ています。

最新の「バイブレーション機能」とRF(高周波)を断続的に出力出来る「パルス照射」によって従来よりも痛みが大幅に軽減されていますので、従来は使用していた麻酔クリームの塗布は不要です。ノーダウンタイムで治療直後からお化粧も出来ます。

サーマクール(高周波RF)とは?

メスを使わず切らないで、皮膚のタルミやシワをリフトアップする画期的な機器、それがサーマクールです。主に30~70代の方で皮膚に切開を加えるのには抵抗感がある、仕事等で休みが取れない、フェイスリフトをするほどにはまだ老化していない、というような方にお勧めです。高周波(RF)を用いて通常のレーザー治療や光治療よりも格段に効果的にシワ・たるみを解消する最新治療機器です。メスを使わずに高いリフトアップ効果が実現できます。

治療時間は約60分(600ショット)、顔が大きい方や皮下脂肪の多い方は約90分(900ショット)です。治療後は洗顔、お化粧、仕事、入浴等、日常生活はいつも通りで大丈夫です。まれに照射した部位にわずかに赤みが現れる事がありますが、24時間以内に赤みは消えます。
昼休みに治療を行っても、お化粧をして午後から出勤という事もサーマクールでは可能です。ダウンタイムなしでシワ・タルミ・小顔効果が得られます。
メスを使わない若返り治療のスタンダードとなっている治療方法です。

サーマクールによる引き締めのイラストです。1ヶ月~6ヶ月かけて引き締めとコラーゲンの増生が得られます。

高周波詳細

高周波とは分かり易く言うと交流電流による「熱作用」です。医療機関では電気メスとしてよく知られているものです。数値的には20kHz以上のものを指します。高周波の作用を分かり易く言うと「フライパンでお肉を焼くとお肉のタンパク質が熱変成を起こして縮まります。

それと同じ原理で皮膚もお肉と同じタンパク質で出来ていますので熱を加える事によって収縮してタルミやシワの改善につながります。また、一旦縮まったお肉はいくら冷却しても元の生肉に戻らないのと一緒で、一旦引き締まった皮膚は元には戻りません。」という事です。

サーマクールは最大温度80度、最大深達度約5ミリの高周波によって皮膚深層、皮下脂肪層に作用します。一方、皮膚表面はマイナス26度の冷却ガスで冷やされていますので、火傷やダメージを受けないように工夫されています。

サーマクールCRTとは

新旧2台のサーマクールと僕。オリジナルのサーマクール(写真向かって右側)は6年以上も活躍してもらいました。サーマクールCPT(写真向かって左側)の導入により現役引退となりました。

従来のサーマクールの最大の問題であった「熱による痛み」を劇的に軽減させたのがサーマクールCPTです。

従来のサーマクール(NXTネクスト)の本体は一緒なのですが、新しいCPTハンドピース(写真参照)の採用によって「チップ先端部のバイブレーション機能」とCPT専用のフレームチップ(写真参照)による「パルス照射」の2つの機能が追加されています。

Before & After

左上:治療前です。3センチ平方のビッグチップで200ショットを照射しました。顔全体~アゴ下を1~3パス照射しています。
右上:治療後1ヶ月です。かなりフェイスラインが引き締まりました。
右下:治療後3ヶ月経過の写真です。かなり大満足な結果です。フェイスラインだけでなく、目元もはっきりして若返った印象です。

サーマクールを2回照射しています。頬~フェイスラインが明らかにすっきりしています。もちろん治療後の腫れや赤みはなく、直後からお化粧が可能です。これくらい改善すればフェイスリフト手術は不要に感じます。

サーマクールが特に効果的なのはフェイスライン、アゴ下です。サーマクールの効果は最大で皮膚深部5ミリまで及びますので、皮膚だけでなく皮下脂肪も減少・収縮して脂肪吸引をしたような効果が得られます。ただし、効果がはっきりと現れるまでには早くて1ヶ月、平均3ヶ月、長いと半年近くかかります。

症例写真をもっと詳しく見る

サーマクールについて

左のイラストはサーマクールの熱伝達のイメージです。
皮膚表面はヤケドを起こさないようにマイナス26度で冷却されながら、高周波によって熱作用が皮膚深部と脂肪層にまで及びます。右はサーマクールの本体です。冷却装置が付いていますので安全に治療が可能です。

バイブレーション機能

新型のハンドピースとフレームチップの組み合わせは照射時にバイブレーションをおこし、熱感を緩和します。バイブレーションが何故熱感を緩和させるのか?という事ですが、これは「ゲート理論」(以下に詳細)というもので説明されています。僕も過去に研修した麻酔科の教科書にも出ている理論です。

分かり易く言うと「人体の神経はバイブレーションにより痛みを伝える神経伝達がブロックされ、実際の痛みや熱感を感じにくくなる」という理論です。

ゲート理論詳細

1965年にWallとMelzackらにより提唱され、科学雑誌サイエンスに掲載された痛みのメカニズムに関する理論です。

人体の知覚神経には太い神経線維と細い神経線維の2つがあり、脊髄の中枢神経にこれらの神経をコントロールする「ゲート」が存在し、より太い神経に刺激を与えるとゲートが開放される(痛みを感じる)と同時に細い神経(サーマクールの場合は皮膚の知覚神経)からの痛み伝達のゲートが閉じ(抑制され)てしまいます。

すなわち、バイブレーションによって太い神経線維への「痛くはない振動刺激」を起こして、それによって脊髄の中枢神経のゲートを開かせておいて、逆に細い神経線維のゲートを閉じさせて痛みを感じにくくさせる方法です。

ゲート理論のわかりやすい説明イラストです。

パルス照射

サーマクールCPTのRF(高周波)はパルス状(断続的)に照射されます。従来のサーマクールでは高周波は1ショットにつき1回の単発照射(約0.5秒)でしたが、CPTフレームチップでは高周波を数回に分けて照射して1回1回の照射による痛み、熱感を軽減しています。

更に数回に分けた照射毎にクーリングをコントロールしています。数回に分けてはいますが1ショットあたりのトータルでのJ数(仕事エネルギー)は一緒ですので「痛みが少ないから効果も低いのでは?」という心配はありません。

チップの進化

日本に導入された当初は「スタンダードチップ」と呼ばれる照射面積が1平方センチの比較的狭いものでしたので、実際には効果は低めでした。

その後、2005年からは1ショットあたりの照射面積が3倍の3平方センチとなり、治療&冷却効率がアップした「ビッグファストチップ」が導入されました。
更に本体も第2世代のサーマクールNXT(ネクスト)に進化しました。そして2009年11月からはバイブレーション機能付きCPTフレームチップが導入されて痛みの大幅な軽減が達成されています。

また、導入当初は上眼瞼などの皮膚の薄い部分は治療が出来なかったのですが、目の周囲も安全に照射可能なシャロウSTチップが2007年から発売されました。また、腹部や二の腕のタルミを引き締める目的の冷却効果をわざと低下させたビッグファストDCチップが2007年から、皮下脂肪やセルライトを減少させるビッグファストCLチップが2008年から発売されて治療適応が拡がりました。(腹部などのボディ用、上眼瞼用は宇都宮未導入)
2015年からはボディ用のビッグファストチップを顔用にアレンジ(従来の顔用チップの約3倍の体積を加熱可能)したトータルチップが導入されました。
宇都宮院では現在、殆どの患者様にトータルチップを使用して満足頂いています。

新旧3種類のチップの写真です。左から「初期型スタンダードチップ」「ビッグファストチップ」「CPTフレームチップ」です。

最新型の「トータルチップ」は、熱の作用範囲が最大2倍まで拡大したトリートメントチップです。厚みのある皮下組織(脂肪)全体へのアプローチができるため、より持続力の強い引き締めが可能となりました。

治療のポイント

治療

サーマクールの効果には大きく分けて3つあります。

  1. 皮膚のタルミ、シワの引き締め効果。
  2. 皮下脂肪層に作用して皮下脂肪を収縮、ボリュームダウンさせることによる患部の引き締め、小顔効果。
  3. 活動性のニキビ(ニキビの原因である毛穴近くの皮脂腺を加熱)を抑える効果。

これらは全てFDA(アメリカ食品医薬品局)やHPFB(カナダの厚生労働省的政府機関)で認可されているものです。

一番初期のスタンダードチップ(スモールチップ)ではその照射面積が限られていたために効果が限られていましたが、2014年以降導入された「より深部まで作用するトータルチップ」の場合は殆どの患者様で1回だけの施術で効果を実感されています。
当然ショット数が多ければ多いほど効果が大きいと考えられます。

サーマクールの治療を避けた方が良い場合

  • 有毛部(眉毛など)や唇などの粘膜部などは照射対応外です。
  • 心臓ペースメーカーや照射部位に金属プレートなどが埋め込まれている方は対象外です(義歯や差し歯は構いません。金の糸が入っている方も大丈夫です)。
  • 治療部位に明らかな炎症やアトピー、何らかの原因による赤みや腫れがある方。
  • 糖尿病の方。
  • 妊娠している方。

効果の現れ方

  1. 即時的な収縮効果(コラーゲンの収縮期・照射後1~2日)
    48時間以内に、照射した範囲の皮膚にハリが出てきてスベスベ感が増してきます。毛穴が引き締まったり、明らかにお化粧乗りが良くなります。これは前述した「お肉が焼けて縮む」即効的な効果と照射後の軽度の腫れです。
  2. 長期的な創傷治癒効果(コラーゲンの増生期・照射後1~6ヶ月)
    照射直後の段階ではまだタルミなどの引き締め感や小顔効果は出ておらず、それらは徐々に感じられるようになります。実際に効果が出てくるのは、早い人で1カ月程度、遅い人では3~6ヶ月かかります。6ヶ月後まではコラーゲンを作る繊維芽細胞の活性化(高周波をあてた事により皮膚の中でコラーゲンの増生が促進されて3~6ヶ月間は放っておいてもコラーゲンが増えて皮の厚みが増して張りが出てきます。)が持続されて、ゆっくりと引き締め効果が現れてきます。6ヶ月以降はシワ、タルミの改善はほぼ止まりますが、これはプチ整形のように100%元に戻ってしまう訳ではありません。一旦引き締まった皮膚はその状態で安定して、そこからは他の部分と同じように、時間とともにまた少しずつ加齢が始ります。

施術の流れ

1.カウンセリング

経験豊富な医師により、充分なカウンセリングを行います。
患者様にとって最適なプランを決めていきます。具体的に患者様が一番引き締めたい部位をお聞きして、その部位に最も効果が出るような照射方法を提案します。

2.照射前

  1. 洗顔して頂きます。また、事前に痛み止めの坐薬を使用しておくと治療中の痛みを感じにくくなりますので、ご希望の患者様には処方します。
  2. 高周波のアースとしての対極板をウエストに貼りつけます。
  3. 治療部位のデザインを蛍光ペンで行います。付属品でデザイン通りにインクが付いたマーキングシート(写真参照)がありますが、マーキングシートのインクは洗顔してもかなり落ちにくいので当院では殆ど使用していません。なにしろ「ノーダウンタイムな治療」がサーマクールのポイントですので「インクが残っていてお化粧しても人に分かってしまう」という状態は避けたいです。

マーキングシートを使用した照射風景です。
この黒いインキが取れないんですよね。当院では蛍光ペンを使用してマーキングしています。

3.照射

皮膚に専用のジェルを塗り、患者様の皮膚の「抵抗値」を測定します。この抵抗値に基づいて照射エネルギーが決定されます。一般的には抵抗値が大きいほど、同じエネルギーでのコラーゲン産生効果が高まります。サーマクールはレーザーではありませんので、光は出ませんのでゴーグル等の装着は不要です。

同じ出力でも患者様の皮膚の部位によっても反応は様々です。一般的には額や頬は痛みが少なく、エラ~アゴ下、鼻横などは多少痛みを感じやすい部位です。通常は腫れや赤みは全くありません。

4.照射後

治療後は患部を十分にクーリングする、というのが従来の考え方でしたが現在はクーリングは全く行っていません。サーマクールの効果発現の考え方としてはやはり「皮膚と皮下組織への加熱によるコラーゲン増成と脂肪萎縮」ですので、クーリングによって結果的に効果が低下する可能性がありますので、最近ではクーリングは全く行っていません。

照射後は万が一赤みが残っている場合はステロイド軟膏などを塗って対応しますが赤みは当日中には軽快します。治療後からのお化粧も構いません。

5.アフターケア・検診

治療後は1ヶ月目、3ヶ月目に検診に来て頂き、治療前の写真と比較してサーマクールの効果を確認致します。その後は1年に1回の照射をお勧めしています。

施術の概要

サーマクールは完全に元に戻ってしまうプチ整形ではありませんが、治療効果のキープのためには1年に1回程度の追加治療をお勧めしています。

照射テクニックの進化

日本に導入当初は単純に皮膚に対して垂直的に照射していました。導入後2年目からは「リフティングテクニック」「アンカリングテクニック」というものを採用しています。リフティングテクニックとは皮膚を引っ張り上げながら照射することにより、皮膚の厚さが薄くなりその分、より皮膚の深部まで熱作用が及ぶ、というものです。

アンカリングテクニックとは顔面の中でも照射効果が他よりも効果的に現れる部位があるのですが、それを利用してより効果的に治療を行うテクニックです。高周波は皮膚、皮下組織において全く同じように作用する訳ではなく「抵抗値の大きい部分により強く作用する」という特徴を持っています。理科の実験でニクロム腺に電流を流した際に抵抗が大きい部位で良く発熱する、という現象を憶えておいででしょう。これと基本的には同じ原理です。この抵抗値の大きい部位をアンカリングポイントと呼んでいます。

もちろん個人差がありますが、耳前部・こめかみなどはこの抵抗値が大きいアンカリングポイントとして知られています。アンカリングポイントを照射する事により、引き締め効果が一層効果的に得られます。

サーマクールの認定医

共立美容外科宇都宮院はアメリカのThermage社(サーマクールの開発製造本社)から認定施設の認可を受けました。栃木県内では当院だけです。また亀井院長、小西医師はThermage社の講習、研修を受けてサーマクール認定医の資格を授与されました。

2003年10月の導入以来の施術数も700例を越え、切らないリフトアップ治療、小顔治療、ニキビ治療として多くの患者様から信頼を得ています。

効果

サーマクールがどんな方でも効果を与えられるということは言えません。効果の出にくい方は実際にいらっしゃいます。

またサーマクールは皮下脂肪層の収縮を伴って顔の引き締め効果、小顔効果を獲得しますので、極端に痩せている方では期待できません。そのため、実際に行う際にはサーマクールを受けるのに適しているかどうか診察が必要です。

効果が出やすい方

  • 皮膚が白人タイプで皮膚のコラーゲンが収縮しやすい方。
  • 皮下脂肪層がある程度厚みがあって、皮下脂肪の収縮、減少の変化が分かりやすい方。
  • ニキビ肌や皮脂の分泌が活発な方。

効果が出にくい方

  • 皮下脂肪が殆どない痩せている方。
  • 皮膚のたるみが極端に多く、皮膚がシワシワになっている方。
  • 顔の輪郭がエラや顎、頬骨などの固い組織で決定されていて皮膚の引き締まる余裕が少ない方。

ご自身がサーマクールの良い適応かどうかは、担当医とよく相談してみて下さい。お顔が痩せている方ではサーマクールよりも「HIFU焦点式超音波」「CRF脂肪注入」「ヒアルロン酸注入」「アプトスリフト」「フェイスリフト」などがより良い適応となる場合もあります。

サーマクールのリスク・副作用

1.熱傷

照射エネルギーが強すぎたり、冷却が不十分だと起こり得ます。初期の頃はチップの不具合(メーカーの問題です)による熱傷があったのですが、現在では全くありません。ただし、治療中に患者様が顔を急に動かしてしまった場合は今でも危険ですので、照射中は患部を動かさないようにお願いします。

2.ニキビの一時的な出現・悪化

サーマクールは皮脂腺に作用して最終的にはニキビ治療に有効なのですが、一時的には逆効果が現れる事があります。ニキビの原因となっている皮脂腺が加熱されることにより一時的に皮脂腺の活動が活発化してしまう事があります。ですから現在あるニキビがひどくなったり、治っていたニキビが現れたりする可能性があります。これは通常1~2週間で軽快します。最終的にはFDA(アメリカの厚生労働省)、HPFB(カナダの厚生労働省)でも認可されているようにニキビに対しては治療効果を上げます。

3.皮下脂肪層の部分壊死

照射エネルギーが強すぎたりすると皮下脂肪が収縮する以上のダメージを受けて部分的に壊死する可能性があると言われています、当院では導入以来トラブルはありません。これもエネルギーの問題ですので、十分に回避できます。

併用療法

1.サーマクール+HIFU(スーパーハイフプロ)

メスを使わないでダウンタイムの殆ど無い治療方法の中では最強の組み合わせです。焦点式超音波による筋膜や脂肪層、真皮層の収縮、リフトアップは即効性がありますので治療中に効果が実感できます。

2.サーマクール+フラクショナルレーザー(フラクセル2やeCO2)

当院では2010年5月から導入しているルートロニック社のCO2フラクショナルレーザーであるeCO2をサーマクールと組み合わせて使用している「現在最強のたるみ治療」です。

ダウンタイムが少ない方法を希望される患者様にはフラクセル2を、ダウンタイムがあっても効果が高い方法を希望される患者様にはeCO2レーザーをお勧めしています。

3.サーマクール+IPLフラッシュランプ(BBLやフォトフェイシャル)

サーマクールではシミやソバカス、ホクロが取れたり、赤ら顔が改善する訳ではありません。また、サーマクールは即効性がある訳でもありません。

皮膚表面のシミ、ソバカス、赤ら顔、ホクロを広範囲に一度で解決出来るIPLフラッシュランプを組み合わせて治療する事により、患者様の満足感は大きくアップします。レーザーよりも皮膚へのダメージが少なく、当日からのお化粧も可能な治療です。

4.サーマクール+ジェネシス(ロングパルスヤグレーザーXEOの中空照射)

美肌治療の定番ジェネシスとのコンビネーションです。ジェネシスも皮膚の赤みや腫れはありませんので、サーマクールと併用しても全くノーダウンタイムな治療と言えます。

ロングパルスヤグレーザーは皮膚表層に作用して「毛穴」「美白」「うぶ毛除去」「コラーゲン増加」「小じわの改善」「皮膚の張り」などの効果をもたらします。ジェネシスはサーマクール後でも4週間毎に3~5回の継続照射がお勧めです。

施術費用

サーマクール料金表
使用チップ ショット数 施術時間 特徴 料金
(税別)
サービス
レーザー
★CPTトータル
チップ
600 60分 当院での標準的な
治療です
20万円
(リピーターの方は
1万円引き)
2回付き
★CPTトータル
チップ
900 90分 顔が大きい方、
皮下脂肪が多い方
25万円
(リピーターの方は
1万円引き)
2回付き

主な併用療法のセット料金

1)Super HIFU Pro(焦点式超音波)とのセット料金

★サーマクール600ショット+Super HIFU Pro(全顔)
使用チップ:CPTトータルチップ
ショット数:600
Super HIFU Pro全顔(トリプルレイヤー)
料金(税別):30万円(サービスレーザー無し)

★サーマクール900ショット+Super HIFU Pro(全顔)
使用チップ:CPTトータルチップ
ショット数:900
Super HIFU Pro全顔(トリプルレイヤー)
料金(税別):35万円(サービスレーザー無し)

2)フラクショナルレーザーとのセット料金

★サーマクール600ショット+フラクショナルレーザー(全顔、フラクセル2もしくはeCO2選択可)
使用チップ:CPTトータルチップ
ショット数:600
フラクショナルレーザー(全顔)
料金(税別):30万円(サービスレーザー無し)

★サーマクール900ショット+フラクショナルレーザー(全顔、フラクセル2もしくはeCO2選択可)
使用チップ:CPTトータルチップ
ショット数:900
フラクショナルレーザー(全顔)
料金(税別):35万円(サービスレーザー無し)

★は当院お勧め治療です

当院のサーマクールは本体、チップとも正規輸入品を使用しており、チップのリサイクル品は使用していません。当院のサーマクールはすべて痛みを軽減するバイブレーション機能の付いた「CPT」を採用しています。
<サービスレーザー>とはサーマクール治療に付属しているもので「フォトフェイシャル」「ポラリス」「水光注射」「ジェネシス(XEOレーザーの中空照射)」「アクシダーム」の5種類の美肌治療の中からお好きなものを受けられるお得なサービスです。