男性形成 ~AGA薄毛~

薄毛・増毛

ザガーロ

最新の薄毛治療薬です。デュタステリドという成分で従来からのプロペシアとの大きな違いは「薄毛の原因となっている5α還元酵素には1型と2型の2種類があるが、1型と2型の両方とも阻害する」という点です。
プロペシアは実は「5α還元酵素のうち2型のみ阻害」という薬品でしたので、1型は阻害出来なかったのです。
プロペシアを服用したけれども、殆ど効果が得られなかった、というような患者様には「1型と2型の両方とも阻害する」ので効果が得られる可能性のある治療薬です。

2015年末には厚労省認可が下りていたのですが、なぜか実際の販売は2016年の7月からと遅れていました。
製薬会社のデータとしてはプロペシアの1,7倍の効果がある、とうたわれています。
実はザガーロは全く同じ成分でおなじ製薬会社(グラクソスミスクライン)からアボルブという名称で前立腺肥大の治療薬として2009年から認可が下りており、保険適応にもなっています。 その点では長期間の使用経験がありますので、重大な副作用などが無いという安心感はあります。

薄毛治療に関しては実際に長期間使用した経験が無いので、何とも言えませんが理論上はとても優れている内服薬です。

プロペシア

本当によく効きます。フィナステリドという成分です。
アメリカのメルク社が開発し、日本では2005年12月から厚生労働省で認可が下りています。白人では効果はそれ程高くないのですが、東洋人では効果が高いです。AGA(男性型脱毛症)治療という事でテレビCMも流れているので、ご存じの方も多いと思います。この薬の登場で従来主流だった男性脱毛の治療方法の「自毛植毛」の患者様がかなり減少しています。

平均的には飲み始めて6ヵ月後位から「毛が太くなった」「軟毛が硬毛になった」「毛の色が濃くなった」「抜け毛が減った」「毛周期が長くなった」などの効果が実感できます。

当院では3~6ヵ月毎に頭髪の写真を撮って効果を比較できるようにしています。
AGA(男性型脱毛症)とは成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていきます。一般的には遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。早い方ですと20代前半から発症します。逆に後頭部や側頭部の頭髪は男性ホルモンとは関係ない(甲状腺ホルモンが関与しています)ので、どんなにAGAの程度が強い方でも禿げないで一生残っている場合が殆どです。

日本国内の臨床試験のデータではプロペシア1mgの1年間投与により58%、2年間で68%、3年間で78%の改善効果が認められています。またプロペシア1mgの1年間投与により40%、2年間で31%、3年間で20%の現状維持効果が認められております。改善効果及び維持効果を合算すると、プロペシア1mgは98%以上の方に効果のあるデータが出ています。

しかし、「効果がある」のと「元のフサフサした髪の毛に戻る」というのは別の話です。元のフサフサした髪の毛に戻った方は頭頂部で6%、前頭部で2%しかいない、というデータがあります。AGAの進行抑止、現状維持程度だけという方も多くいます。全員がプロペシアだけで植毛したような頭髪になる訳ではありません。

弱点は服用を止めてしまうと、元に戻ってしまう可能性が高い事です。
特に重篤な副作用はないのですが、まれに性欲減退やEDが報告されています。
詳細をお知りになりたい方は製薬会社のサイトをご覧下さい。

プロペシアの使用上の注意点
  • 男性における男性脱毛症のみの適用であり、ストレスによる円形脱毛症や抗癌剤や放射線療法による脱毛症には適用はありません。
  • 20歳未満での安全性及び有効性は確立されていないことから、未成年に対しては処方できません。
  • 女性に対する適用はありません。
  • 効果が確認できるまで通常6ヶ月以上の連続してのプロペシア服用が必要である。
  • 服用を中止すると効果は無くなり症状が進行します。
  • プロペシアの成分は前立腺がん検査のPSA値を約50%低下させる効果があるので、前立腺がんの検診を受ける予定のある方は検査を受ける医療機関に自己申告して下さい。
  • プロペシア服用中は献血禁止です。服用中止後1ヶ月過ぎれば献血可能です。
  • 副作用として1%以下ですが性欲減退、EDが有り得ます。

プロペシアのジェネリック薬品であるフィナステリドは2016年から認可がおりて販売されています。
従来からのプロペシアと同等の効果です。

FR15(15%ミノキシジルローション)

ミノキシジルローションです。
ミノキシジルとは元々は血圧を下げる薬剤(降圧剤の飲み薬)だったのですが、ミノキシジルを服用した患者様から「毛が増えた」という訴えがあり、よくよく調べてみると「血圧を下げる効果とともに、毛根への血流を増やして薄毛や抜け毛に効果がある」という事が分かりました。

そこで最近では降圧剤としてよりも「薄毛、抜け毛」の治療薬として広く認知されています。日本国内では大正薬品から「リアップX5」という商品名で発売されて、テレビCMもよく目にするのでご存知の方も多いと思います。

リアップX5はこのミノキシジルが5%しか含まれていませんが「FR15」は何と!その3倍の15%も含まれていますので、一層の効果が期待出来ます。

ザガーロやプロペシアと一緒の使用がベストですし、リアップX5で効果が低かった患者様にもたいへんお勧めです。副作用は内服薬と違って特にありません。

へアーセラム(注射用5%ミノキシジル)

男性用には頭皮に直接注射するタイプのミノキシジルも用意があります。
内服や塗布ではなく、頭皮内に直接注射しますので高い効果が期待出来ます。

HARG療法

2011年頃から本格的に始められた薄毛治療です。韓国や中国にも徐々に広まっている「日本オリジナル」な治療方法です。

毛根を成長させるAAPEという成長因子を直接頭皮に注射し、毛根に直接作用させます。ヒト由来の成長因子ですが、感染症(エイズ、肝炎等)の危険性は全て排除されていますので、安心して治療出来ます。
具体的には薄毛の原因となっている毛周期の中の「成長期の短縮」を改善させて「成長期を延長」させて、太くてしっかりした毛髪を増やします。
男性だけでなく、女性にも適応があります。

HARG療法もプロペシアと同様に1回だけの治療では目に見える効果は中々得られない事が多いので、基本的には1ヶ月毎に6回の治療を行う「6回コース」しかお勧めしていません。平均的には4回目の治療あたりから増毛が実感出来ます。
6回コース終了後には98%以上の有効率が得られる、というデータもあります。
6回コース終了後は2ヶ月に1回のアフターケア注射が理想的です。(金銭的な理由で3~4ヶ月に1回でも構いません。)
ただし、プロペシアと同様に「軟毛も全くない頭皮から毛が再生する」訳ではありません。あくまでも薄毛の部位の改善です。
頭皮に直接注射しますので、痛みが全くない訳ではありませんが、その分効果は絶大です。痛みの軽減のために当院では「神経ブロック」や「クーリング装置」を併用しています。
従来のプロペシア単独の治療やミノキシジル治療では効果の少なかった患者様には大変お勧めです。

Before & After


治療前(2017/9/1)
これは亀井院長です。
ザガーロと15%ミノキシジルローションを併用しています。

治療後1ヶ月経過(2017/10/1)
まだ変化は分かりません。ただし、シャンプーした際の抜け毛が少し減った印象はあります。

治療後2ヶ月経過(2017/11/1)
前頭部の産毛が増えてきました

治療後3ヶ月経過(2017/12/1)
明らかに毛の密度が濃くなり、産毛が太くなってきています。心なしか額も少し狭くなった印象があります。僕の場合は3ヶ月で目に見える効果が得られました。

治療後4ヶ月経過(2017/12/31)
一層、毛が太くなり密度も増しています。額が狭くなってきたのがはっきりと分かります。12月後半からは15%ミノキシジルローションをアメリカ製のFR15という製品に変更しています。

治療前(2017/9/1)
これは亀井院長の頭頂部です。昔から通っている美容院で「地肌が見えるようになってきましたね』と指摘されたのがきっかけでAGA治療(ザガーロ内服&15%ミノキシジルローション)をスタートしました。

治療後1ヶ月経過(2017/10/1)
殆ど変化ありません。

治療後2ヶ月経過(2017/11/1)
まだはっきりとした変化は分かりません。

治療後3ヶ月経過(2017/12/1)
変化ありました。毛の密度が明らかに増えたのが分かると思います。地肌も見えにくくなりました。

治療後4ヶ月経過(2017/12/31)
頭頂部に関しては3ヶ月経過後の写真と大きな差は見られません。このままこの状態が継続することが望ましいです。


治療前
家系的に薄毛だそうです。プロペシアも長期間内服していましたが効果が実感出来ない、という事でした。

HARG療法2回終了後1ヶ月
劇的に改善されています。抜け毛も明らかに減ったそうです。

HARG療法3回終了後1ヶ月
前回よりも「少し増えたかな?」という程度です。前回の方が劇的な変化です。
HARG療法の価格表
頭部1/3 頭部2/3 備考
1回 120,000円 150,000円 1回だけでは殆ど効果が実感出来ないと思います
3回コース 288,000円 360,000円 3ヶ月分のプロペシア、HARG育毛ローション含む
6回コース(これが基本です) 480,000円 600,000円 6ヶ月分のプロペシア、HARG育毛ローション含む
6回コース終了後の1回
(アフターケア維持療法)
72,000円 90,000円 6回コース終了後は2ヶ月毎の治療をお勧めしています

KERA-B

「頭皮に直接注入するプロペシア」です。
通常は内服薬として使用しているプロペシアの成分を直接頭皮に注入します。
通常は単独で使用することは少なく、HARG治療の際に毛根成長因子AAPEと一緒に注入する場合が殆どです。
この薬剤も日本国内では入手出来ませんので、韓国からの輸入となります。

地毛植毛

地毛植毛ページへ

料金

ザガーロ(0.5mg)30カプセル 9,800円
ザガーロ(30カプセル)とFR15(1本)のセット 20,000円
プロペシア(1mg)28錠 8,000円
フィナステリド(1mg)28錠
(プロペシアのジェネリック薬品です)
6,000円
FR15(1本) 12,000円
ザガーロ+FR15★お得セット 20,000円(1箱+1本)
28,000円(2箱+1本)
45,000円(3箱+2本)
フィナステリド+FR15★お得セット 16,500円(1箱+1本)
22,000円(2箱+1本)
36,000円(3箱+2本)
パントガール1ヶ月分(90カプセル) 15,000円
ロゲイン(女性用2%ミノキシジルローション)3本セット 30,000円
ミノキシジル頭皮注射(ヘアセラム)1回 30,000円
HARG療法(頭部1/3)6回コース 480,000円
HARG療法(頭部1/3)3回コース 288,000円
血中ジヒドロテストステロン検査 18,000円

詳しい施術費用はこちら

よくある質問

プロペシアは飲み始めて直ぐに効果が分かりますか?

通常は6ヵ月(どんなに早くても3ヵ月)以上服用を継続しないと効果は実感できません。最初から6ヵ月は続ける気持ちで治療を開始して下さい。

プロペシアのジェネリック薬品は全く同じ効果があるのですか?

当院ではフィナステリドという成分は全く同じものを扱っています。ジェネリック薬は「効きが悪い、副作用がある」というものも確かにありますが、フィナステリドに関しては今のところ同じ効果が得られています。日本では有名な武田薬品が販売しているので安心感はあります。

リアップX5はクリニックでは購入出来ないのですか?

はい、残念ながら薬局や家電量販店でしか購入出来ません。医薬品なのですが大正薬品の方針のようです。クリニックではより効果の高い15%ミノキシジルである「NR09」を扱っています。

ミノキシジルローションというのは、あまり聞いたことがないのですが効果があるのですか?

はい、世界的には「プロペシアとミノキシジルローションの併用療法」というのがAGA治療のスタンダードとなっています。ちなみに皮膚科学会で医学的にAGAに効果があると認められている薬剤はプロペシアとミノキシジルだけです。

タバコは薄毛、抜け毛にも良くないのですか?

はい、全く良くないです。喫煙によって血管収縮がおきてしまい、毛根への血流が悪くなります。AGAに限らず、EDでもタバコは非常に有害です。出来るならば禁煙をお勧めします。

プロペシアを服用中は献血出来ないと聞いたのでが本当ですか?

はい、プロペシア服用中の献血は控えて下さい。献血した血液中にプロペシアの成分が残ってしまっている可能性があります。献血はプロペシア服用を中止後、1ヶ月以降でお願いします。

日常生活で増毛効果、薄毛予防効果のある事は何かありますか?

毛乳頭の血行改善が一番ですので「頭皮のマッサージ」はお勧めします。
シャンプーの際に頭皮を「頭蓋骨から剥がす」ようにマッサージします。頭皮の色が「赤っぽい」状態は血行が良くない証拠です。血行の良い頭皮は「青白い」状態です。

ED薬を時々服用していますが、プロペシアと併用しても問題ありませんか?

はい、問題ありません。
ただし、狭心症の治療を受けている方や前立腺ガンの検査を受ける方は問題がある場合がありますので、主治医と相談してみて下さい。

薄毛の男性はEDになりにくいと聞きますが本当ですか?

ある程度は本当だと思います。
AGAになりやすい条件として男性ホルモンのバランス(ホルモンの過剰)が関係しています。男性ホルモンが多いと理論上はEDにはなりにくいようです。精力絶倫の方にはAGAの方が多い印象を持っています。