ヒアルロン酸注入による豊胸

ヒアルロン酸注入による豊胸術

歴史

日本国内では2006年頃から行われている方法です。実はヒアルロン酸注入による豊胸手術はアメリカでは禁止、2011年8月からはフランスでもヒアルロン酸注入による豊胸術が禁止されています。
日本国内でも厚生労働省が正式には認可している治療方法ではありません。あくまでも自己責任で行なっている治療方法です。
理論上は徐々に吸収され最終的には無くなってしまう、と言われてきましたが実際には100%吸収されて元通りになってしまう、という経験はありません。
注入したヒアルロン酸はある程度は永続的に残る印象を持っています。
超音波エコーによる画像にも示したように大量のヒアルロン酸を注入するとヒアルロン酸が「しこり」になってしまい皮膜で被われて何年経っても吸収されずに残存する事が分かってきました。
これは注入量に比例しますので、片胸30cc以上(僕の経験上の推測ですが)注入した場合はある程度は吸収されずに半永久的に残ると考えています。
アメリカやフランスで禁止されている理由としては発癌性などの危険性が直接指摘された訳ではなく「乳ガン検診等の際に注入されたヒアルロン酸が検査の妨げになる可能性がある」「注入されたヒアルロン酸が授乳の際に乳児に移行してしまう可能性がある」などの理由です。
当院でもヒアルロン酸注入を行った患者様の乳ガン検診(超音波エコー)を行っていますが、乳腺外科専門医が診れば特別に困る症例はなさそうです。
フランスの使用禁止措置に伴いガルデラマ社(旧QMED社)は豊胸用ヒアルロン酸のマクロレーンを2016年6月に廃番としました。

ハイアコープ

ドイツのBio science社のハイアコープという製剤です。
2016年6月まで流通していたガルデルマ社のマクロレーンVRF20と成分的には殆ど同一です。
現在、豊胸用のヒアルロン酸はこれしか入手出来ません。
皮膚のシワ注入用のジュビダームビスタウルトラXCなどと濃度は殆ど変わりませんが、「粒子が大きく」なっており吸収されにくい構造になっています。
CEマーク(ヨーロッパでの認可)は取得していますが、FDAや厚生労働省の認可は取得していません。
発売されてから10年以上経っていますが、トラブルの報告は無いようです。

サイズと料金

シリコンバッグによる豊胸では料金は大きさに関係ないのですが、ヒアルロン酸注入の場合は注入量と料金は正比例します。
1ccあたりの料金となりますので、大きくすればするほど高額となります。はっきり言って10cc程度の注入では見た目には殆ど変化がありません。
最低でも片胸で30ccは必要です。 1カップ(例えばBカップからCカップ)大きくするには片胸で50cc前後は必要になります。
ですから「1カップ程度のバストアップ」や「授乳で萎んでしまった部分だけをふっくらさせたい」というような患者様には向いています。
特に欧米人向けの豊胸手術では3~4カップアップは当たり前ですので、 欧米では金銭的にもシリコンバッグの方が安くなってしまうので、あまり行われていないようです。
日本国内ではシリコンバッグよりも圧倒的に患者様が多い治療方法となっています。

実際の治療

殆どの患者様に「トライアル注入」を行います。トライアル注入とはいきなりヒアルロン酸を注入するのではなく、「ヒアルロン酸の代わりに薄めた麻酔液(0.05%キシロカイン)をバストに注入」して実際の大きさや仕上がり具合を患者様に鏡で見てもらい「事前に必要注入量を決定する」やり方です。
トライアル注入で決定したヒアルロン酸をその直後(もしくは後日)に注入していきます。あまりに患者様のご希望のバストが大きい場合は、自己脂肪注入やコヒーシブシリコンバッグの治療を検討してもらっています。
ハイアコープを16~18ゲージの太めの針で皮膚を1~2ヵ所刺して、乳腺下を中心として注入します。
既にトライアル注入で必要量が分かっていますので注入中に料金が高くなってしまう心配もありません。注入自体の時間は両側で30分程度です。
注入後はバスト全体をマッサージしてヒアルロン酸をなじませて、内出血予防のためにバスト全体を冷却し、圧迫包帯を巻いて帰院してもらいます。
圧迫包帯は当日シャワーを浴びる際に外してもらいます。皮膚に刺した針の穴にはテープを2~3日貼ってもらいます。縫合や抜糸は不要です。
当日はテープの部分が剥がれないように気をつけてシャワーを浴びてもらいます。浴槽への入浴は翌々日から可能です。
トライアル注入と別の日にヒアルロン酸を注入する場合は、あらかじめ局所麻酔を行ってから同様に注入します。
急にバストアップして、周りの人に気付かれてしまうのが心配な場合は2~3回に分けて注入する事も可能です。

Before & After




症例写真をもっと詳しく見る

トラブル、副作用

1)しこり形成

注入されたヒアルロン酸はしこりを形成する可能性があります。特に1ヵ所に大量に注入されるとしこり形成が起きやすくなります。しこり自体は悪いものではないのですが、気になる場合はヒアルロニダーゼというヒアルロン酸を分解してしまう薬剤を注射してしこりをなくすことも可能です。
しこりになった部分は時間が経っても吸収されないで残る場合が多いです。

2)アレルギー反応

1/10,000人くらいの割合でアレルギー反応が現れると言われています。
実際に皮膚への注入(法令線や眉間のしわ、など)ではアレルギーを経験したことがありますが、豊胸目的では経験はありませんし、見聞したこともありません。
一般的な症状は「赤み」「腫れ」「しこり」「感染」などです。これらの症状が現れた際には出来るだけ早く検診を受けて頂きます。
ヒアルロニダーゼ(ヒアルロン酸分解酵素)やステロイドで対応します。

3)ヒアルロン酸の移動

胸を圧迫するような事象(マンモグラフィーやうつ伏せの運動、マッサージ、等)によって乳房内のヒアルロン酸が移動してしまう可能性があります。
過度の運動、圧迫は控えて下さい。

超音波エコーによるヒアルロン酸の画像

ヒアルロン酸注入後の乳房の超音波エコー像です。
乳腺と大胸筋の間の黒い(低エコー)部分が注入されたヒアルロン酸です。
この患者様は比較的均一に乳腺下に注入されており、理想的な注入状態です。


乳腺と大胸筋の間の黒い(低エコー)部分が注入されたヒアルロン酸です。
この患者様の場合は均一に注入されている訳ではなく、「房状」のものがいくつか集まっている状態と考えて下さい。一般的にはこのような状態になっている患者様の方が多数です。この房状のものが大きくなると「しこり」として触知される場合が出てきます。ヒアルロン酸以外の注入物(中国製アメイジングジェル、整形外科用ヒアルロン酸など)でも同様に低エコー(黒く)で描出されますので、黒いからと言ってヒアルロン酸とは判断できない場合もあります。

施術費用

施術法 料金(税別)
1ccあたり(ドイツ製ハイアコープ)※ただし、実際には10cc単位での使用となります 3,000円

詳しい施術費用はこちら

診療案内