美肌 ~ 傷跡修正・ケロイド治療 ~

傷跡修正

傷あとを目立たなくするには「W形成術」や「Z形成術」などの特別な手術方法と形成外科専用の機器や手術材料を用います。傷跡が皮膚のしわと同じ方向にある場合は、そのままその瘢痕を切りとります。

しわの方向と異なるときは、「W形成術」や「Z形成術」などの技術を用いて、長い傷を短い傷に分けたり、傷の方向をしわと同じ方向に変えたりします。その結果、視覚的に傷跡は目立たなくなります。「真皮縫合」をします。さらに皮膚の表面を細い糸で細かく縫合します。


治療前の状態、幼少時の腹部手術の傷が凹んで引きつれています。

1週間後(抜糸直後)、真皮縫合というテクニックでわざと傷口を盛り上げて縫合しています。この盛り上がりは皮膚緊張によって徐々に平坦化していきます。

抜糸後マイクロポアテープ貼付、このテープは3ヶ月以上貼付してもらいます。このテープによって皮膚緊張を抑えて、傷口が拡大するのを防ぎます。

約1.5ヶ月後。真皮縫合はまだ残っています。

約3ヶ月後。この時点では既に真皮縫合の盛り上がりが平坦化しています。

2年後、傷口は「白い1本の線状」となっています。これが傷の最終形です。

ケロイド

ケロイドとは傷跡やニキビ跡、水ぼうそう跡、手術跡などが次第に赤く盛り上がてくる、1種の腫瘍のような症状をいいます。時にはかゆみや痛みを伴ったり、どんどん大きくなってくるものもあります。治っても傷跡はかなり目立ってしまいます。

ケロイドは本人の体質が大きく関係していて、いくら予防してもできる人にはできてしまいます。保存的な治療としては副腎皮質ホルモン(ステロイド)の注入、テープやシリコンコートでの圧迫が主流です。場合によっては切除や皮膚移植などの外科的治療も考えます。

ただし、ケロイドを切除すると体質や症状によっては、以前よりも拡大したケロイドが出現するケースもありますので、治療には細心の注意を必要とします。詳しくはご相談ください。


ピアスの入れ替えの際にピアスホールを傷つけた後から、徐々にケロイドが大きくなってきたそうです。痛みや痒みはないそうです。

耳たぶの裏側には小さな2つ目のケロイドも存在していました。

一塊として切除したケロイド組織、コラーゲンで出来ており固いです。

抜糸直後、再発予防でリザベンの内服とステロイドテープの貼付を3ヶ月行います。

耳たぶの裏側も縫合しています。


ピアスの穴あけ後に生じたケロイド。

切除しました。

1週間後の抜糸直後。

約4ヶ月後の状態、再発もありません。

施術の流れ

1.カウンセリング

経験豊富な医師により、充分なカウンセリングを行います。
このときあなたの希望を伺いながらお肌の状態を確認しシミュレーションを行い、 あなたにとって最適なプランを決めていきます。

2.施術

 

3.施術後

皮膚の表面の糸は4~7日後に抜糸。

診療案内